家づくりについて

  1. ホーム
  2. 当社のこだわり

当社のこだわり

  1. 1.木の香りがする家をつくります。
    木造住宅を建てたのに木の香りがしない家が増えています。
    それは木に見える別物を使っていたり、木を隠してしまうからです。 せっかく木造住宅を建てるのなら木の香りがする家に住みたいですね。
  2. 2.飽きのこないデザインをつくります
    家は一時のモノではなく、50年間以上愛されるモノでなければいけません。流行に流されず、皆から愛されるデザインにすることが大切です。
  3. 3.カンナくずの出る作業をします。
    本物の木を使わなければ、カンナくずは出ません。またきちんと修行をした職人でないと綺麗なカンナくずは出せません。美しい木肌の家に住んで頂くためカンナくずの出る家づくりをしています。健康、空気感、肌ざわりが違います。
  4. 4.木材は自分たちで仕入れます。
    一流の料理人が市場や農場へ足を運んでいるように、私たちも木材を買い付けに行き品定めをしています。それは素材を生かし、お客様に良質の材料を安く提供するためです。
  5. 5.自社倉庫・自社加工場でつくります。
    昔の工務店はどこも自社倉庫で木材を管理し、自社加工場で仕事をしていました。素材を大切に管理し、適材適所に生かすことにより、技術者の厳しい目で管理し、ご家族のために世界に一つだけの手作りの家を生み出すためです。
  6. 6.自社大工がつくります
    電動工具は使えるけど、ノミ、カンナ、墨壺など、木造住宅を造るために大切な道具を扱えない大工さんが増えているそうです。森本工務店は高い技術の継承のため、お施主様に安心して現場を任せて頂くため自社で大工を育成しています。
  7. 7.できるだけ既製品は使いません。
    手間をかけたモノ、暖かみのあるモノは良いに決まっています。工場製品ではなく本物の材料で創られたものに囲まれ、価値を増していく素材の経年美を楽しんで頂きます。完成した時だけが一番良い状態ではさみしいですよね。
  8. 8.地域貢献を忘れません。
    森本工務店は地域に必要とされる地元の『お抱え大工』であり続けるため、PTA、JC、商工会議所、消防、自主防災会、町内会などに積極的に参加しています。夏休みの『木の香まつり~おやこ木工作~』では地域の子供たちと一緒にものづくりを楽しんでいます。
  9. 9.お施主様とは一生のお付き合いです。
    家を建ててからが本当のお付き合いが始まります。お施主様の家族として、ホームドクターとしてご家族と建物を守ります!手作りニュースレターの『木の香メール』は隔月お届けしています。
  10. 10.勉強は欠かせません。
    建築のプロとして、1級建築士3名、2級建築士10名、宅建主任者5名、1級建築施工管理技士10名在籍しております。常に知識を吸収し、それを現場に生かします。