社長ブログ

社長ブログ
  1. ホーム
  2. 社長ブログ

自社で大工を育成してます。

毎日寒いですね~
我が社の加工場では、大工さん達が寒さに負けず、お施主様のために腕を振るっています。

森本工務店の若手大工さんは、森本工務店の社員です。

「よく、めずらしいですね。」と言われますが、高校、大学、専門学校を卒業した青年を、約10年掛けて一人前の棟梁にしていきます。










 ↑ 神田君(2年目の見習い大工)に指導する白神棟梁

本来、大工は、伝統的な日本の建物を造るために、鉋(かんな)、鑿(のみ)、曲尺(さしがね)などの伝統的な道具をきちんと使いこなさなければなりません。

しかし、最近の住宅は、工業化や低コスト化が進み、本物の木を使わず、作れてしまうため、大工の技術が低下してきています。

森本工務店でも中途の大工さんを募集していますが、面接の際、その大工さんが使っている道具を見せてもらうことにしています。
きちんと刃物を研いでいるか。手入れは行き届いて整理されているか。などチェックするのですが、過去、「道具を見せて下さい。」とお願いすると、電動ドライバーを見せてくれる人がいました。

ギャフン!(>_<)

大工道具といえば、鉋(かんな)、鑿(のみ)などの手道具だと思うんですけどね~

また、住宅情報誌のアンケートで「ここ一年間で鑿(のみ)を使ったことがない」という人が6割もいるそうです。
びっくりですね~

こういった背景により、森本工務店では、若手を社員大工として育成しています。

お施主様に、手仕事の温かみのある住まいを提供するために、先輩大工は若手を指導し、若手は技術を磨いていきます。

技術を身に付け、それを磨いていけば、一生食べていける大工という職業。いいですよね!

鉋屑(かんなくず)が出る家づくり

森本工務店の建築現場や加工場からは『鉋屑(かんなくず)』が発生します。

※『鉋屑(かんなくず)』とは、鉋(かんな)で材木を削るときに、出てくる薄い木くずのことです。

 








 ↑香りが良く、癒されます!

桧(ひのき)の『鉋屑(かんなくず)』はペットの寝床やトイレ、靴(くつ)の消臭に活用できます。
また、贈答品の緩衝材(かんしょうざい)にも利用できますので、ご希望の方がいらっしゃれば、差し上げますので、当社に取りに来て下さい!
 

『鉋屑(かんなくず)』は、職人さん達が『本物の無垢の木』『天然木』を削ることによって発生しますので、工業製品や既製品など“木に見えるモノ”による家づくりだと、現場で『鉋屑(かんなくず)』は発生しません。

 森本工務店は、「木の家を建てたい!」と思って家づくりを考えているお客様に、せっかくなら価値のある「本物の木で家づくり」をして頂きたいと思っています。

 木造住宅を建てたのに、「木の香りがしない」、「木に包まれたような空気感が無い」なんて寂しいですよね。

大工さんや職人さん達は作業が終わったら、鉋屑(かんなくず)や木くずをきれいに掃除してくれます。
本物の木造住宅の現場の見分け方は、「現場に鉋屑(かんなくず)や木くずがあるかどうか」かもしれません。

長く住み続けることが出来る木造住宅をご希望されるなら、ぜひ、『鉋屑(かんなくず)』の出る家づくりをお薦めします。








 ↑研ぎ澄まされた鉋(かんな)で美しい木肌(きはだ)を生み出す大工さん

外壁に焼き板(やきいた)はおすすめです。

只今新築工事中の外壁には『漆喰(しっくい)』と『焼き板(やきいた)』を採用しています。














↑ 軒裏を見上げたアングルですが“漆喰の白”と“焼き板の黒”と“軒裏の茶色”のコントラストが美しいですね~
本物の材料ならではの美しさ!

『焼き板』とは杉の板の表面を焼き焦がし、カーボン状(炭素層)を人為的に作ったものです。
これにより耐久性をぐんと高めることが出来ます。
焼き板は50~60年は保つと言われ、外壁塗り替えの心配は50年先になります。
お施主様のお財布に優しいですよね。

以前、当社の建物を見学に来られた他県の工務店さんから、焼き板の外壁を採用した家を見て、
「この家、家事に遭ったのですか?」
と聞かれたことがありました。
この『焼き板』東日本ではあまり見かけることがないようですね。

何十年も飽きることなく街並みを美しくしてくれる『焼き板』
耐久性もバツグンなので、とてもお薦めです!

※表面をちょっと焼いただけの茶色の「なんちゃって焼き板」は耐久性はあまり期待できませんので間違えないで下さいね!

当社では『焼き板』『漆喰』の採用率が高いので、ぜひ、当社HPの施工事例をご覧下さい!

お施主様とは一生のお付き合い 

我が社の台所には、しょっちゅうお客様から頂いた食べ物が置いてあります。

季節によって違いますが、魚介類、野菜、果物など、お客様が畑で作られたもの、海や川で捕ってこられたものなど、旬のものを頂くことが多く、それにより季節を感じることができます。

現在は、柿、すだち、みかん、サツマイモ、などなど・・・













本日は、築10年のお施主様のお宅にお邪魔したところ、ダンボール箱一杯のミカンを頂きました!

さらに、ミカンと同じくらい嬉しい言葉も頂きました。

「建ててもらって10年経つけど、良い材料を使ってくれとるから、すごく快適。」

「木が良い色に変化してきている。」

「いまだに木の香りがする。」

などなど。

飽きのこないデザインをすること、本物の天然無垢材を使用することによって、築10年経っても、まったく色あせない建物をお施主様に住んで頂くことが出来ます。

流行のデザインにしたり、耐久性の分からない流行の新建材を使うことによって、長く住み続けることが出来ない家になる可能性があります。

慎重すぎるかもしれませんが、過去から実績のある部材や地域にあったデザインを大切にし、現代の生活に併せた家づくりをしていきたいと考えています。
森本工務店は、お客様を実験台にするような家づくりをしたくありません。

10年後、30年後、50年後にも森本工務店で建てて良かったと言ってもらえるような家づくりを今後も続けたいと思います。

これからも美味しい野菜や果物や魚介類をいただくためにも?(^_^;)

軒ゼロ住宅は雨漏りのリスクが通常の5倍

すっかり寒くなってきましたね~

只今新築中の現場では、大工さんが熱く腕を振るってくれています。

こちらの現場も森本工務店らしく、深い軒(のき)がある日本の気候風土にあった美しい建物です。

最近、日経ホームビルダー等の住宅雑誌には、軒(屋根の出)が無い家、いわゆる軒ゼロ住宅の問題が取り出されており、

「軒ゼロ住宅は雨漏りのリスクが通常の5倍に及ぶ!」
など、記事がたくさん載っています。

軒や庇(ひさし)を無くすことにより、金額を抑えることが出来ますが、
・雨漏りの危険性が高まる。
・外壁が汚れやすくなる
・夏の日差しを遮ることが出来ない。
・雨の日に窓を開けることが出来ない。
などなどデメリットも多くあります。
新築時の費用を抑えることが出来ても、ランニングコストがかかってしまうようではダメですよね。

四季のある日本、美しい街並みを形成するうえでも、軒や庇のある日本の住宅を建てて欲しいですね。

看板も森本工務店

只今、当社の加工場は大忙し。
三宅係長も磯田さんも毎晩遅くまで頑張ってくれています。

猫の手も借りたい状況なので、久しぶりに自分で墨付けして、自分で加工しました。
まずは、看板に相応しい木材を選んで、大まかに墨付け(線を引きます。)














木目が美しく出るように調整しながら形を決めていきます。













あとは加工機で仕上げていき・・・(写真取り忘れました。)
ヒノキの良い香りがたまりません!





















美しい木目が出てきて看板完成です!

後は、書道の先生に文字を書いていただきます。

やはり、自分の手を動かしてモノをつくるのは楽しいですね。

なななな~ なななな~♪

お笑い芸人の『ジョイマン』さんと『江西あきよし』さんにサイン色紙をいただきました!

「ありがとう オリゴとう」って・・・

起工式

本日は、お日柄も良く、地域密着型小規模特別養護老人ホームの地鎮祭を執り行わせていただきました。

地域の皆様が期待されている施設の工事に携わることができる幸せに、お供え物の鯛も威勢良く喜んでいます。

Exif_JPEG_PICTURE













おめでとうございます。

人がふれるところだからこそ!

弊社の加工場では来週の上棟に向けて、大工さんが構造材を加工しています。










只今、リビングの柱の表面を『鉋(カンナ)』仕上げているところですが、一般的に『超仕上かんな盤』という大きな機械で仕上げるところを、大工さんが研いだ『鉋(カンナ)』で仕上げました。

機械で仕上げたところと、大工さんが鉋で仕上げたところを触り比べてみると、大工さんが鉋で仕上げた方が滑らかな肌触りです!

両方ともツルツルに仕上がってはいるのですが、気持ちよさが違います!
赤ちゃんの肌みたいで、ずーーーっと触っていたくなります。
工業製品の建材とは肌触りが全く違います。

実際に水滴を垂らしてみると、機械で仕上げた表面は水を少し吸い込んでしまいますが、大工さんが鉋で仕上げると、見事に水を弾いてフッと息を吹きかけると水滴が転がっていきます。

伝統工法の大工さんの技術ってスゴイですね~

鉋は伝統の職人技が発揮される道具ですが、昨今の電動工具の普及や工業製品の乱用によって、刃物を研いで道具を生かす工務店が減ってきています。
しかし、究極の木肌の美しさを引き出すには、手道具として鉋に優るものはありません。
森本工務店の大工さんってホント向上心に溢れていて感動します。

良い家づくりは大工さんの技術無しでは考えることが出来ませんね。

店舗の設計・施工も森本工務店

本日は、お日柄も良く上棟を執り行わせて頂きました。
こちらの新築現場は接骨院さんです。











ご近所の方々も、このような施設が出来ることをとても楽しみにされているようです。
完成が楽しみですね。
おめでとうございます!
12345...1020...
資料請求 イベント情報 お問い合わせ