最近、住宅建築に使われる建具や床材などの建材ですが、
既製品やユニット化・プレハブ化されたものが多く出回っており、
便利になった反面、価値が下がってきたような気がします。

短期間で作られるものは、価値も短期間で下がってしまうとは言い過ぎかもしれませんが、
当社は効率化を図りながら、手作りにこだわっていきたいです。

また、作業が簡単になると、職人さんの質が下がってきているようです。
新築住宅を経験したことが無く、アパート・マンションやプレハブの家しか経験したことがない大工さんがたくさんいます。
また、新築を知らない職人や現場監督がリフォームをするのはとても怖いことです。
基本は伝統構法や在来木造住宅の新築工事にあると思います。

kaidan

 ↑ 出来たての階段(この現場はヒノキ)  

階段も既製品が増えているようですが、当社は無垢の肌触りにこだわります。