木造住宅に欠かすことが出来ない木材についてですが、
同じ種類の木なら、どれも同じ性質というわけではありません。
同じ山で伐りだした木でも、伐る山の高さや場所によって性質が違います。
木を扱う職人さんに語り継がれる下記のような口伝があります。


『峰の木はこわい』
 頂上付近は光をさえぎるものがないから、四方八方に枝をのばす。
 枝が多いということは、節が多く硬い、つまりくせ者。


『中腹の木は木が手ごろ』
 そこそこ競争しながら光を浴びて育ったおかげで、
 節の少ない健康な材がとれる。


『谷の木は木が軟らかい』
 谷は暗すぎるから、若いうちに木が枯れてしまう。
 そのため節はほとんどなく、真っ直ぐに育った材はきれいだが、
 銘木(めいぼく)に欠かせない力強さや、味がない。 


 育った環境によって性格が変わるなんて、木も人間と同じですね。
それぞれの性格を上手につかんで個性を伸ばし適材適所に配置する。
家づくりも組織も一緒ですね。