以前、木材市場へ行ってきた時の写真が出てきたのでご紹介。

 市が始まる前にいろいろ物色していたら、すでに製材して、敷居に加工してある『カリン』がありました。

120212_093916

120212_093916

 













↑ カリン 鋸の跡が見えるでしょ!

 

 『カリン』は東南アジア沿岸でに生殖している木で、

日本で砂糖漬けにしたり果実酒にする『花梨(かりん)』とは全く別物です。

赤身の強い色をしており、仏壇や床柱、框に使われているカチカチに堅い木です。

 

 市場に置いてある『カリン』の敷居の裏側を見てみると、

ノコギリで挽いた跡がくっきり残っています。

(写真で見えるかしら?)

 この木はとても堅いので、

東南アジアのどこかの国の人がとても苦労して、鋸を挽いた姿が想像できます。

 

 木材ひとつ、鋸の跡ひとつにもドラマがありそうですね。