以前、木材市場でGETしてきたケヤキを製材してみると!
出てきた出てきた『玉杢(たまもく)』です。

tamamoku

  ↑上が玉杢(丸い模様)が見える板。下がその樹皮   

写真では見えにくいかもしれませんが、『玉杢』がでている反対側(樹皮側)は丸く凸凹しています。

 

 『玉杢』とは木の板目(真っ直ぐな柾目でないタイプ))に出てくる杢の模様のことです。
玉が材の中から浮き出てくるように見える不思議な模様です。 

 現在、一般的には、無垢材のケヤキの玉杢は高価すぎて使えず、スライスにして合板に貼られて、
床の間の地板や違い棚等に最高級品として使われています。

 

 さ~て何に使おうかな?