基礎工事を終え、土台を据付け、床組が済んだ現場の後ろに見えるのは、
35年以上前に当社で施工させていただいた建物です。

 古い団地内で同じ時期に建てた建物ばかりの中、
当時は斬新だったであろうデザインの建物や陸屋根(傾斜の無い平面の屋根のこと)の建物が、
古く時代遅れ見えるのに対して、写真の建物は落ち着いたたたずまいで町並みに溶け込み、
年数が経っても良い建物だな~と思えます。
 

 最近の住宅ローンは35年も払い続ける場合があります。
35年経った後も住み続けたいと思われる建物、
近所の方々からも好感を持たれる建物を提供し続ける義務が私たちにはあります。

 地域の町並みや気候風土に合った機能とデザインを持つ住宅を建てることが、
住む人にも地域にも環境にも優しいことだと思いませんか?