木材市場に行ってきました。
色々な木材を見ながらどんな所に使おうか妄想するのは楽しいもんです。
 

 下の写真はヒノキです。

   
よく見ると”“の字型に曲がっています。


曲がっている木材なんて使えない!と思われるかもしれませんが、これが使えるんです。

 

 これをそのまま建てらせ柱にするのは無理ですが、これを横向きにし、曲がっている背の部分を上(矢印先を上)にして、梁(はり)・桁(けた)などの水平方向に架ける『構造材』として使えば、真っ直ぐな木よりも上からの加重を支える強力な材料として使えます。

 

 一見使いにくそうな曲がった木でも、適材適所でその特性を生かしてあげると活躍してくれるなんて、 人間社会と一緒ですね!