こちらの新築現場の玄関框も素敵です。

これは、木の自然な曲がりにを生かした、縦長の玄関を横に広く見せるための一工夫なのです。

 木の自然な曲がりに沿わせて一方の材を削り、隙間なく付き合わせることを『ひかる』と言います。
こういう家を造り続けないと大工さんの技術が廃れてしまいます。

 

頑張らなくては!