針葉樹と広葉樹

 木造住宅で使われている木材は、針葉樹広葉樹に分けられます。
一般的に広葉樹に比べて針葉樹のほうが比重が軽くて軟らかいのです。
その性質により針葉樹を『柔木(やわぎ)』広葉樹を『堅木(かたぎ)』と呼ばれています。

 一般的にヒノキやスギに代表される針葉樹は構造材や造作材として木造住宅の多くの箇所に使われています。

建物の構造材に使われる木材は、木の断面がそろっていて、 真っ直ぐで長さが取れるモノのほうが扱いやすいのです。


 逆に広葉樹はその木目の表情の豊かさや、硬さにより床材、家具、造作材などに使われています。

 

 当社で使われいる床材などの自然素材は、お施主様の使われ方、生活の仕方によって材料(針葉樹or広葉樹など)を選択していただきます。

 裸足になる洗面脱衣所には、肌触りがよく、冬場でも冷たく感じにくい、水に強いヒノキ。
イスなどの家具を動かす機会が多いリビングには、傷に強い、堅いナラ。
 ってな感じで、お施主様のご家族が、どのような生活をするかに合わせた、適材適所の床材選びをすると、いつまでも快適に使って頂けます。

 

 ※間違っても、色だけで床材を選ばないで下さいね!

   きちんと材種を選ばないと、使いづらい床になっちゃいますよ!


 お施主様の生活スタイル木の性質を知り、

その特徴を適材適所に活かすのが森本工務店の木造住宅への取り組み方です。