森本工務店では大工さんを社員として育てています。









 ↑2年目のイケメン自社大工 神田くん

それは、当社の家づくりが、職人さんによる手作りの温かみのある家づくりを実践しているからです。

中途で大工さんを募集することもあるのですが、面接をしてみると、
ハウスメーカーやローコスト住宅のような簡単な住宅しかやったことがない大工さんが意外に多く、
鑿(のみ)や鉋(かんな)を使ったことがない大工さんもいます。
ビックリですね。

良い大工さんと悪い大工さんを見分ける方法の一つに、
大工道具を見る という方法があります。
電動工具だけでなく、ちゃんと手道具を持っているかどうか、
きちんと手入れをしているかどうかなどなど。

無垢の天然木を、昔ながらの手道具である鉋(かんな)や鑿(のみ)を使って加工するには、
それを自在に操る腕と、道具の手入れが大切になります。
特に刃物を研いで思うように仕上げが出来るようになるには日々の努力が必要です。

多くのハウスメーカーや住宅会社がそのような手間を掛けず、
工業製品、既製品を使って家づくりを実践していますが、
永く住み続け、家族を大切に守る住まいは、肌触りが気持ちよく、
空気感が良く、使えば使うほど味が出てくる天然無垢材で家づくりしたいですね。

それには、木のことを熟知し、木を生かした家づくりが出来る大工さんを自社で育てるしかありません。

森本工務店は本物の職人さんを応援しています。
すべてはお施主様のために!