10月は、地元の倉敷市玉島にとってお祭りのシーズンです。
毎週末どこかの地域で祭りが開かれ、千歳楽(せんざいらく・せんだいろく等呼び方色々)が練り歩かれます。
もちろん、子供御輿も登場し、街が賑わいます。

 先週は当社で施工させて頂いた、子供会の千歳楽が我が社まで来てくれました!
22年前に作られたものですが、立派ですね~


 





 
↑ 松でつくられ、美しい飴色になっています。

町内の皆さんが大事に使って下さり嬉しくなります。


また、5年前には、大人の千歳楽を新築させていただきました。










 
↑ 欅(ケヤキ)でつくられ、美しく重い!

昔は、こういった、伝統技術、木材を生かしたものづくりを出来る工務店が地域に必ず存在していたのですが、ローコスト住宅やハウスメーカーの家が増え、家づくりが簡単になるにつれ、大工や技術者の腕も下がってきました。

森本工務店は、できるだけ、手をかけた家づくりを実践していきたいので、こういった伝統的な技術を継承しながら、千歳楽、御神輿、神社仏閣を修繕していき、その技術を古民家再生や新築・リフォームに生かしていきたいと考えています。


「森本工務店は地域のお困りごとを、建築技術を通して解決します!」