法律の改正により、今年の4月1日より中古住宅の取引を行う際、不動産屋は『インスペクション』の説明をしなくてはならなくなりました。

『インスペクション(既存住宅現況調査)』とは、「建物の状態を調査する」ことです。

中古住宅を買ってリフォームをしようとしたら、雨漏りが直ってなかったり、シロアリ被害があったりで、予想以上にリフォーム費用がかかった!という後悔を無くすためにも、事前に、建物の現状を建築士の資格を持つ専門の検査員に調査してもらうことが大切です。

中古住宅のご購入を検討されていらっしゃる方は森本工務店へお気軽にご相談下さい。


岡山県不動産協会 理事 森本 一