この写真は、先日お引き渡しをさせて頂いたお客様と、もうすぐお引き渡しをさせて頂くお客様の新築現場の玄関です。








玄関『框(かまち)』が自然の美しい胸腺を描いてますね。

※『框(かまち)』とは、玄関ホール等の床と、玄関の上がり口で履物を置く土間の部分と段差部の境にある水平に渡した横木のことです。

この『框』、天然木の自然な形を生かし、かつ、玄関を広く見せるための一工夫なのです。








木の自然な曲がりに沿わせて一方の材を削り、隙間なく付き合わせることを『ひかる』と言います。

お施主様のご理解があって、このような造作が出来るわけですが、こういう家を造り続けないと大工さんの技術が廃れてしまいます。

自然の材料の良さを生かした住まいづくりをお施主様と共に進めていく作業は楽しいですね。