坪単価には色々な仕掛けが盛り込まれ、とてもいい加減な使われ方をされるときがあります。

坪単価を算出する際、建物をつくるのにかかった費用を建物の『延べ床面積』で割りますが、
「延べ床面積」ではなく『施工面積』というもので割って算出する会社もあります。

『施工面積』とは延べ床面積にバルコニーや吹き抜け、ポーチなど、
「延べ床面積」には加算されないが実際に施工する面積のことを言います。

言うまでもありませんが、「延べ床面積」より『施工面積』のほうが大きくなります。

当然、面積が大きくなればなるほど、坪単価は下がり安いというイメージになります。

ひどい会社になると外部の足洗い場まで加算するところもあります。

たとえば、2000万円の建物の延べ床面積が40坪の場合、坪単価は50万円ですが、
 (2000万円÷40坪=@50万円)
バルコニーや吹き抜けを加算した施工面積が50坪になった場合、
同じ建物でも坪単価が40万円になってしまいます。
 (2000万円÷50坪=@40万円)

坪単価の差がなんと10万円も!

 坪単価を前面に売り出している住宅会社はたくさんあります。
建物価格が安いと錯覚してしまうな安い坪単価をうたうほうが、
お客様が飛びつきやすいと考えているのではないでしょうか。

実際には坪単価×面積では家を建てることは出来ません。

みなさん気を付けて下さいね。

森本 一