坪単価と同じように気をつけないといけないのが『本体価格』というものです。

住宅の広告チラシなどに「○○は本体価格に含まれておりません。」
その本体価格に含まれていない○○を加算すると、
坪単価30万円と宣伝していた家が坪単価50万円になることもあります。(怖)

 『本体価格』とは本来、庭や駐車場・塀などの外構工事や屋外の給排水工事、
火災保険や銀行借入の手数料なの諸経費を抜いた金額のことです。

しかし、新居で生活するには給排水工事などは絶対必要ですよね。

『本体価格』は実際に完成した家に費やした費用より少ない金額になっています。

しかし、『本体価格』には、生活に必要なはずのカーテンや照明器具、
はてはお風呂などの設備工事を含んでいない住宅会社もあります。

各社『本体価格』のとらえ方が様々で、これもあまり比較のしようがありません。

つまり、『本体価格』はお客様にとってあまり意味のないものなのです。

建物金額を検討する際には入居・生活できる状態での価格を比較することが大切です。

 坪単価が当てにならないとしたら何を重視すればよいのでしょうか。

それはズバリ『総額』です。

家を建て入居するまでにかかる費用すべてのコストを含んだ総額を重視して下さい。

 総額予算の算出方法は、自己資金+借入金額で算出されます。
自己資金は手持ち現金や預貯金、親からの援助などから算出されます。
借入金額は年収や希望返済金額と返済年数によって決まってきます。

 このあたりの算出方法は各金融機関のホームページからシミュレーションできますし、
当社にお気軽にご相談ください。