当社では床材を張る際、梱包された材料を開けた順番に使うのではなく、
現場監督や大工さんが部屋全体のことを考えて、床材を見ながら、
床に並べながら美しく機能的になるように貼っていきます。

nakagawa232.jpg
 ↑ 将幸現場監督と渡辺棟梁 (わざとらしく見えますが、やらせ写真ではありません。)

 工業製品と違い天然素材は色や木目など全く同じものがありません。
何も考えず貼ってしまうと、色のバランスが悪かったり、
せっかくの良い木目部分がタンスの下に隠れてしまうといった事になってしまいます。

 天然素材を使うには、素材のクセや性質を見極め、
適材適所に使用することによって美しいだけでなく、
耐久性も高めることができます。

 ほんものの木の家っていいですね。

nakagawa233.jpg
 ↑ 偶然、お施主様も来て頂きました。お施主様の来場はうれしいですね~

 代表取締役 森本 一