先日、大学附属中学校で講義をした際、
生徒の皆さんが書かれたレポートを頂きました。


 ↑ メモの取り方、スケッチが凄すぎます!

 まとめ・感想には下記のような言葉が・・・

「僕は今まで家は1つの木材で出来ていると思っていましたが、
 そうではなく、部位によって多くの種類を、さらに木の裏表まで考えて
 作っていると知りビックリしました。」

「部屋の活用方法によって、床や壁の木の種類を変えると、快適に生活できることが分かった。」

「私も将来、本物の木でできた家に住みたいと思いました。」

「僕は将来建築士になりたい。」

「将来家を建てる時は、どの木をどこに使うと良いかを
 よく考えて建てたいと思います。」

 みんな真剣に聞いてくれたみたいで感激です。
大きくなったら家族の幸せのために本物の木で家をつくって欲しいですね。

 代表取締役 森本 一