スタッフブログ

スタッフブログ
  1. ホーム
  2. スタッフブログ

古民家の建て替え

築200年程度の古民家を建て替える事になりました。

30年近く空き家のままだった為か、傷みが激しくて、再生は断念されましたが、使用されている材料が今では、入手困難なものも多数あり、私としても大変残念な気持ちでいっぱいです。


しかし、お客様にとっても思い出もいっぱいあり、最大限の努力と工夫をして、再生可能な材料を選び出して新築住宅に古材として再生する事となりました。古材の再生には特に、対費用効果をどうしても考えざるを得ません。

解体時における労務費の増加、搬出→加工→搬入の費用も含め、材としての価値は高いのですが、職人さんの労務費がどうしても加算されてしまうからです。

その費用を最小限度に抑えつつ、新築住宅にて、いかに蘇らせるかが私たちの腕の見せ所になります。

お客様のご希望は、「鬼瓦は?大黒柱は?床柱は?床の間材は?植木は?庭石材は?小屋梁丸太は?、、、」よくよく、ご相談のうえで決定していくことになります。さらには、タンスのリフォームをも、検討する事になる事も、、、。

営業部 太田

現場打合せ

先日新築工事中のお客様と現場での打合せをしました。

工事が進んでいくと実際に部屋の大きさや棚の高さなど図面上ではぼやっと分かりにくいことが感覚的に分かって、完成イメージが湧きやすくなります。

今回の打合せでは、階段下のスペースに置く予定のものが十分置けそうで安心しました!

完成が楽しみですね!

営業 小田

天板その2

写真は、M様邸の食器棚の天板に使う、桧の板です。


 


幅63㎝、長さ2㍍あります。皆さん、ご存知のように、木は元が太く、先にいく程、細くなっています。

一枚物でいきたいのですが、相当、大きな丸太からでないと採れません。(値段も超高値)
そこで、リーズナブルに2枚の板を張り合わせています。(貼り方は、企業秘密です。(^.^))

どこで貼っているか、分かりにくいでしょう。

これも、けっこう苦労しますが、今回も出来が良いと自画自賛しています。

資材課  三宅

天板

写真は、M様邸の下駄箱の天板にする杉の板です。

 


幅の広い天板を用意するのは、けっこう苦労します。

自然の木なので、大節があったり、乾燥中に割れが入ったりと、なかなか気に入った板が見つからないこともよくあります。

この杉の板は、よく乾燥して表面は汚れていますが、加工すると杉のきれいな色あいが出てきました。

資材課  三宅

大黒柱

木造古民家住宅で、土間と座敷との中央に太い柱を建てて、それを大黒柱と呼んでいます。


本来は、棟持ち柱と呼ばれる屋根棟までの長い柱だった様ですが、今では棟持ち柱とはならず、象徴的意味となっています。

一家の主人や各種組織の中心人物を指す意味にも使われる様になりました。

大極柱とも表現され、地方によっては色々な呼び名もある様です。

当社では、従来より棟持ち柱又、象徴として可能な限り大黒柱を施工していましたが、最近では各住宅会社もデザインとしての施工をする様になってきて、本来の意味、目的は置いてきぼりのケースも多い様です。

大黒柱と呼ぶ限り本来の意味である屋根棟までの柱にしたいのですが、間取りが近代化したことにより難しいケースも多いのです。

が、家の中心であったり、また、家の構造を保持する為の重要な部分に可能な限り施工したと思います。大黒柱と聞かれただけで、非常に金額が張ってくると思っておられるお客様が非常に多いのですが、前回のブログでもご紹介した様に、決して高額になる事ばかりではないケースのほうが多いことをご紹介いたします。

営業部 太田

見習い大工

本日の作業は、建物の土台を据え付ける作業です。

↑親方に指導されたことを、ノートに書き写し自分のものにしていく姿。

一人前の大工になるために、必死に頑張っています。

5年後に、棟梁として1棟任されるように、目標をたててやっています。

その前向きな姿がすごくかっこいいです。

がんばれ!

建築部 梶谷

最近ではめずらしい木製玄関

当社の木材倉庫の中のモアビ(南洋桜)の角材を製材して、
木製玄関の方立て、カモイの材にとりました。
狂いが少なく、耐久性に優れ、虫の害にも強いため、
屋外に使用することも多い木です。
難点は堅くて重いため、当社の加工班が大変でした。
大工さん泣かせです。(取り付けをする大工さんも大変・・・。)
しかし、出来上がったらきれいです。

製材しても全くねじれがありませんでした。









実際に取り付けてみるとこんなふうです。
左側にペアガラス、右側に木製の引き戸が入ります。












木製の玄関は、時が経つにつれ家になじんできて、
次第に独自の味わいがでてきます。
このような木製玄関は、最近ではほとんど採用されなくなってしまったので、
久々に披露できる現場に携わることができてワクワクします。

常務取締役 森永

省エネ基準適合しています

昨年12月「住宅の省エネ基準適合義務化が見送り」となりました。
2020年から 新築住宅は 「省エネ基準」※ に適合しなければならない、
という国の方針が以前から示されていましたが、ここにきて先送りです。

森本工務店の新築住宅は「省エネ基準」に十分適合する家となっているので
正直残念な決定です。

※省エネ基準
 国のエネルギー対策で 建物(床・壁・天井・窓など)の断熱性と
 設備(冷暖房・給湯・照明・換気など)のエネルギー消費に基準値が定められています。
 要するに基準値以上にエネルギーを浪費する家にしないでください、
 省エネにしてくださいというものです。

「なぜ先送りなのか!」というと
新聞発表では住宅・小規模建築物における省エネ基準適合率は57~69%で、義務化が市場の混乱を引き起こしかねない、省エネ基準適合にかかる追加コストを住宅で回収するのに35年かかり効率性の低い投資を強いることになる、というのですが、
「本当に??」と信じられない数字ですし、
当社ではそもそもコストアップになりません。

現状で省エネ性能を示そうとすると わざわざ費用をかけて住宅性能証明、BELS評価などを受ける必要があります。  

義務化となれば 建築確認申請を受けただけで省エネ基準に適合している事が示せる公的資料となりお施主様にもメリットがあるのに残念です。

省エネ住宅だと
近いところでは…「税制優遇」や「次世代住宅ポイント制度」が利用できます。
将来的には…性能を示しておく事で 資産価値が上がってくれるといいですね。

設計課 岡田

案内看板

溜川公園に設置しているお知らせ看板をリニューアルしました。

2月、3月のイベントカレンダーを掲示しましたので、ご覧になってください。

お客様サポート課 前田

現場に花

住宅地で3階建て住宅の新築工事をさせていただいています。
閑静な住宅地の中での工事、
ご近所様に迷惑をおかけする工事現場です。

通られる方の不快な思いを少しでも和らげるために「花」を飾っています。
大工さんが毎日水やりをしてくれていて、とても元気に咲いています。

  

先日、隣の奥さんが、「私、お花が大好きなの、ありがとう」
と言って焼き芋を差し入れてくれました。

こちらこそ、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

常務取締役 森永