スタッフブログ

スタッフブログ
  1. ホーム
  2. スタッフブログ

檜皮葺(ひわだぶき)

先日、岡山市の吉備津神社の北随神門(きたずいしんもん)の改修工事の一般公開がありました。
北随神門は吉備津神社の北の参道に位置し、室町中期に再建された国指定重要文化財です。
屋根の檜皮(ひわだ)を葺き替え工事中で、ちょうど屋根の内部構造が見られると思い、行ってきました。
深い軒を支えるための太いハネ木が何本も入っていて、これで屋根を支えているのがよく見えました。

室町時代に建てられたそうですが、昔の大工さんは本当にすごいですね。
なかなかこのような工事をさせてもらう機会はありませんが、
今後の仕事の役に立てばいいな、と思います。

常務取締役 森永

住宅用火災警報器

「住宅用火災警報器の設置は大丈夫ですか???」

先日、学校で子どもがチラシを持って帰って来てこれに行ってみたい!ってことで、

「全国防災キャラバン2019」に行ってきました。

↓顔をはめることができるパネルがありました。


災害に備えての準備品、災害現場での簡易的担架の作り方など子どもと一緒に体験してきました。

今回の災害で大切な数々の思い出の写真の手入れの仕方も教わり、子どもは真剣に写真の手入れをしていました。


その中で、消防局さんのコーナーでは、実際に子ども用防火着衣を体験できたり、消防車に乗れたりと子どもたちは満足そうでした。良い体験が出来たかな?と思います。

火災報知器は、設置義務化されていますが、お宅は設置されていますか?

どこへ取付されていますか?

一番設置が必要なのは、どこでしょうか?

それは、「全ての寝室」です。寝室が2階にある場合には、「階段」にも必要です。

設置はしているが、点検はしていますか?

ボタンを押す、紐を引っ張るなどして定期的に作動確認が必要です。

そして、「10年」を経過したものは交換をおすすめします。

火災警報器には、煙式と熱式がありますが、「煙式」を選びましょう!

※台所(任意)に設置する場合は、熱式でも可

まだ、設置出来ていないご家庭がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お客様サポート課 前田

地鎮祭

先日、O様邸の地鎮祭を行わせていただきました。



この日はお花見日和で、
お施主様が敷地内に植えられているお花も満開で
とてもかわいかったです。
お花もお祝いしてくれているみたいでした。



改めて、おめでとうございました!
今後ともよろしくお願いいたします。

営業部 小田

桜めぐり

先週、4月7日の日曜日、井原の桜まつりに行って来ました。

今年は時期がピッタリで、小田川の土手は、桜のトンネルで見応え十分でした。

 



1週間経って、先日13日の土曜日に、県北の新庄村の凱旋桜を見に行きました。

今まで、前を通ったことは何回かありましたが、止まって桜を見るのは初めてです。

朝早く家を出て、9時頃到着。

 

 


3分から5分咲きの桜でしたが、宿場町の面影が残る通りを家族で散策しました。

ちょっと肌寒かったけど、人が少なく十分堪能出来ました。(人が多くなる前。14日の山陽新聞一面には、人がごった返していた。)

建築材としての用途は、フローリング等ですが、本物の桜、サクラ類を本桜、真桜と呼びますが、桜の木目に似たマカンバ、ミズメなどカンバ類をカバザクラ、ミズメザクラ呼んで使っています。

資材課  三宅

リフォームか?再生か?建替えか?No,2

前回の続きです。 (前回はこちら)

リフォーム又再生の方向にて検討される場合、ご希望の間取りができるか否かが、第一番目のポイントになり、また、ご希望予算とのバランスもご判断の大きなポイントになる事になります。

事例3
築50数年の母屋と築100年超の離れにお母上様が一人住まいをされており、子供様が小学校への入学を前に再生とリフォームをご検討のお客様の場合。

現地調査させていただいたところ、延べ面積が70坪近くあり、離れの構造体はしっかりしているのですが、化粧部分の傷みが結構すすんでいました。さっそく打ち合わせを始め、離れを再生して、お母上様用とし、母屋を若夫婦用に間取り変更を計画致しました。

間取りの面では、ほぼご希望にそったプラン変更ができましたが、面積と離れの傷みの為、どうしてもご希望予算との整合がとれなく減築しての計画も検討しましたが、大変残念ながら今回の計画は断念される事になりました。

事例4
娘様の新居を新築させていただいたご縁により、再生計画でのご相談をいただきました。



特に離れが非常に立派な日本建築であった事から、とんとん拍子に間取り変更も含めた計画がまとまりました。着工日も近づいた時、当初から気にされていた敷地が道路面から下がっている事と地下水の水位が非常に高く、敷地全体、湿気やすい事がどうしても気になられる(対策は取っての計画ですが)との事にて結果的には盛り土、造成を含めた建て替えにて決定いたしました。

営業部 太田

4月とは思えないような肌寒い日が続いていますが
体調など崩されていませんでしょうか?

そんな中、事務所玄関は春らしくなりました。

















まだちゃんと桜を見れていないので
事務所玄関で癒されてます(笑)

桜といえば去年の4月に夜桜を見に行きました。
↓去年の写真です。


ちなみにこの写真、車の中から撮影しています。(笑)
今年こそはちゃんとお花見したいなぁと思っています…。

総務課 森元

整理収納セミナー受付開始!

春らしく気持ちのいい気候になってきました。



 

2か月に1度開催している、ものづくり女子会カフェ開催のお知らせです。

Igokochi代表の堀井紘子先生をお招きして、「整理収納セミナー」を開催します。

お片付けが苦手、どうやって片づけたらいいのかわからい・・・など、お片付けでお困りの方はぜひご参加ください!

堀井先生のセミナーは写真と一緒に実例をお話ししてくださるので、本当にわかりやすくて、すぐに実践できそうなことばかり。
整理収納アドバイザー講座の講師もされていて、当社女性スタッフ3名も堀井先生の講座を受講して「整理収納アドバイザー2級」を取得しました。

↑前回の様子。

定員20名、参加費無料。いつも大好評のセミナーです。

すでにお申込みをいただいていますので、お早めのお申込みをお願いします。

デザイン室 那須

木の香メールアンケート

先日、たくさんの方々より、アンケートの返信を頂き、プレゼントをお届けさせて頂きました。

多くの方にご購読頂き嬉しい限りです。今回のプレゼントの中で、「桜の木のコースター」が素敵で嬉しいです!と多くの声を頂きました。

「以前頂いたコースターもずっと愛用していますよ!」

「事務所で出して頂いた感じが良くて欲しかった!」

「毎回頂く木の香メールは永久保存版にしているのよ」

などなど、たくさんのお言葉も頂きました。これからも「木の香メール」を発刊していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。


「木の香メール 春号」の方がそろそろお手元へ届きますので、またご購読いただけたら幸いです。

そして、おうちの方で気になっていることなどございましたら、お気軽にご連絡いただけたらと思います。

定期訪問で順次、お伺いさせていただいていますので、その節にでもお声がけいただけると嬉しいです。


お客様サポート課 前田

 

木材を吟味しています。

先日、現場監督と新築をする現場の構造材の選定に材木屋さんへ行ってまいりました。







(材木屋さんにおいてある丸太を撮影)

化粧梁(部屋内で使用する見える梁)の選定で、
長さや幅(せい)を確認し、
木目がどのように見えるか、
節が気になる場所にあるかどうか、
木目はそろっているかなど、
何本もの材料の中から見てきました。















これぞというものを選ぶことができ、出来上がりが楽しみです。
また、一本一本異なる木材を見ながら、
お客様の住まいの出来上がりを想像するのはとても感慨深いものです。

いい住まい、満足する暮らしになっていただけるようこれからもご提案していきます。

営業部 森本


新兵器

こんにちは、資材課の三宅です。

加工場に、新兵器が導入されました。と言っても、昇降機能付きの台車ですが。

 


資材課、磯田の発案で1台購入されました。


 

↑今までの、ライトグリーンの台車では、重い、長い木材を加工機の天盤まで、2人で運んで加工したり、根性(?)で持ち上げたりしていましたが、1人でも、油圧で簡単に加工機の天盤まで持ち上げれるので、楽になりました。

普段は、溝突き機の延長台として使っています。(これも、けっこう良い。)

長くて重い物の加工は、正直あまりしたくありませんが、出た場合は、この台車が力強い助っ人になります。