スタッフブログ

スタッフブログ
  1. ホーム
  2. スタッフブログ

【倉敷市で注文住宅を検討中の方へ】木材をキッチンに使う時の注意点とは?

新入社員 営業部の米山です。

今回は木製キッチンのことについてブログを書きます。

「木製のキッチンが欲しい。しかし、木製のキッチンを選ぶ時、どのような点に気を付ければいいか分からない。」


このような疑問を持つ方はいらっしゃいませんか?木製のキッチンは、使いやすく、デザインも綺麗なものが多いです。


しかし、なかには木材で作られたキッチンがどのようなものか分からない方もいらっしゃると思います。そこで、今回はそのような方に向けて、簡単に木製のキッチンを選ぶ時の注意点やポイントについて、ご紹介します。

オリジナル造作キッチンがある家の実例はこちら


□木材をキッチンで使う時の注意点
木材をキッチンで使う時、木が腐食しないように注意する必要があります。クリやヤマザクラなどの樹木は、タンニンという耐水性、防虫作用がある物質を持っているため、キッチンなどの水を多く使う場所によく使われている木材です。これらの木材は、非常に耐久性が高いため、縄文時代から家の素材として使われています。キッチンに木材を使う場合、これらの木材のように腐食しにくいものを選ぶようにしましょう。


□木材が腐る仕組み
木材は、水が原因で腐るのではなく、「木材腐朽菌」という菌の働きによって、木が分解され、腐っていきます。この菌は、湿度が高いと発生しやすく、湿度80%以上の時、一番繁殖しやすいと言われています。木材が濡れてしまい、乾きにくい状況の場合は、菌の働きを促進させてしまいます。つまり、雨にさらされている屋外よりも、湿気がこもってしまう場所のほうが木材は腐食しやすくなっています。


□木材が水を吸ってしまう
木が水を吸っていると、菌が繁殖しやすくなります。基本的に、木は土から栄養や水を吸収し、木の中で循環させています。この仕組みは、木が切られた後も変わらず、常に呼吸し、木の中の水などを循環させています。しかし、木が水に濡れてしまうと、呼吸ができなくなってしまい、菌の繁殖を許し、木が腐食し始めます。


□木材を腐食させないためには?
木材を腐食させないためには、菌を発生させないようにする必要があります。菌はある一定の条件が揃った時のみ繁殖するので、その条件が揃わないようにすると、菌の発生を防ぐことができます。

*湿度を一定に!

キッチン周りの風通しを良くしましょう。
そうすることで湿度を下げることができ、菌の発生を防ぐことができます。

*耐菌性のある木材を使う

木によって、菌に対する耐性が変わります。種類によっては、菌に強い木材もあるので、キッチンに使用する場合は、積極的に使っていきましょう。また、木材を腐食させないためには、濡れた状態で放置せず、しっかりと拭き取るようにしましょう。


□まとめ

今回は、木製のキッチンについてご紹介しました。
ぜひ、この記事を参考にして、良いキッチンを作ってみてはいかがですか?
また、当社では、優れた技術を持った熟練の職人を抱えており、3000件以上の施工実績もあります。もし、倉敷市にお住まいの方で、質の高い住宅の建設を検討中の方がいらっしゃいましたら、お気軽に当社にお問い合わせください。

営業部 米山


ものづくり女子会カフェ開催しました~♪

6月15日、女子会カフェ「ポーセラーツ」開催しました~。

今回は、講師・高橋先生に教えていただいてのポーセラーツ。
白磁のお皿やお茶碗に専用の転写シールを貼って、思い思いのデザインに仕上げました。
高橋先生にたくさんの転写シールを準備していただいて、
皆さんは、どれを使おうか・・・迷っていましたが、
好みのシールを上手く組み合わせて、オリジナルの素敵な食器が完成しました。

焼き上がって完成するのが楽しみです。
参加者の皆さん、楽しみにお待ちくださいね。

作業が終わった後は、お楽しみ・スイーツタイム~♪
6月22日~23日開催の森本工務店・予約制見学会「木の家完成見学会」と、
6月29日~30日コンベックスで開催の「住まい夢フェア」の案内をさせていただきました。

デザイン室 真田

家庭菜園

ちょっと前の話になりますが・・・

GWの我が家のイベントとして、夏野菜の苗植えをしています。

子どもと一緒にお店へ苗を買いに行き、一緒に植えています。

今年は何を植えようかな?といいながら苗をカゴに入れ、
スイカの苗を選んでいるときに、種なしスイカを植えるなら、種ありスイカの苗と一緒に植えんとならんぞーと教えてもらいました。ありがとう!おじちゃんと思いながら二種類の苗を買いました

今年は、ミニトマト、きゅうり、ピーマン、坊ちゃん南瓜、とうもろこし、オクラ、スイカなど買って、子どもたちと一緒に家の畑に植えました
 


水やりは、子どもたちの担当です。畑に行くときは、長靴が必須ですよ!
言わなくても履いて来て手伝ってくれます


「おおきくなーれ!おおきくなーれ!」と声をかけながら水をやっていました
癒されます(*^-^*)

あっ!写真撮り忘れた( ノД`)シクシク…


秋のイベントが出来るように、サツマイモもじいじに植えてもらいました
芋づるの植え方もあり、お店のプロのおじさんに教わりました
今年も芋掘りが出来るかなー?(今年で3年目(^^)/)

芋掘りや焼き芋パーティーも楽しみです。


そして、夏野菜もぐんぐん大きくなり、収穫出来る時期になってきました。


先日、初なりきゅうりも美味しく頂きました。

家で作る野菜って新鮮でいいですよ(*^▽^*)

休日のちょっとした息抜きにもなります。やってみると結構楽しいですよ(^^)v

野菜の世話をしていると、気持ちもホッとします。

お客様宅を訪問させてもらった時にも、色んな話をさせていただく中で、家庭菜園の話をすることもたまにあったりしますが、今年は我が家もプランターに植えてみようかな?と言ってもらえると嬉しくなります。


お家のことなど、気になっていることなどありましたら、お気軽に声をかけてくださいね!

お客様サポート課 前田

 

予約制見学会のお知らせ

6月22日(土)23日(日)にて

倉敷市玉島道越にて平屋予約制見学会を開催いたします。


今回の建物は、自然素材を使った和テイストの平屋の住まいです。


50年間メンテナンスフリーの焼杉板の外壁

・天然の見切り石・洗い出し仕上げの玄関

・照明器具を使わずとも日中明るいあかり取り窓

・収納たっぷり(土間収納、ウォークインクローゼット他)

・天然素材の床材

・和室とリビングダイニングが続く間取り

など、見所満載です。

 

写真やカタログと異なり、
木の触感や香り、居心地の良さなど体感できる見学会となっております。
これから家づくりをご検討される方には、
参考にしてもらいたいポイントが随所にありますのでぜひともご覧ください。

 

 

営業部の森本

ものづくり女子会カフェにお越し下さい♪

ものづくり女子会カフェを開催します。

日時は6月15日(土)AM10:00~12:00

今回はポーセラーツです♪ポーセラーツは白磁器に専用の転写シールを貼って、窯で焼き上げます。

コップ、茶わん、お皿など・・・転写シールも様々な種類を用意しますので、
世界に一つだけのオリジナルを作ることができます。

キッズコーナーを用意していますので、お子様連れの方も、ご安心ください。

締切は6/9日(日)までです。参加申し込みは、お電話・ホームページから受け付けております。

デザイン室 那須

アルミと木の融合

門扉は木調のアルミ扉、袖のフェンスは木製(下地の骨組みはアルミ)。
雨が直接かかる部分はどうしても傷みやすいので、アルミの扉にし、
軒下になるフェンス部分は木製で作りました。
この板は、当社の倉庫から探し出してきて、
キシラデコール(木材保護塗料)を塗って仕上げました。
アルミ扉に木のフェンスがぴったりマッチしています。


常務取締役 森永

リフォームか?再生か?建替えか?No,4

事例7(前回のブログNo,3はこちら)

50年少々前におじい様と父上様にて新築された住宅にお母上様一人住まいになったため、同居を計画されてのご相談にてご縁が出来ました。

当社とご縁が出来る前に、大手ハウスメーカーとの間で、接続隣地への新築・既存住宅解体の方向にてご計画が進んだのですが、色々な思い出のある建物を解体するご決断に至らず、当社へのご相談になった様です。

早速現地調査をさせていただいたところ、匠の技がいっぱい駆使されており、築年数と比較すると非常にしっかりした構造体を維持されていました。

新築当時と生活様式も大きく様変わりしているので、全面間取り変更での計画を開始。

何度も何度も打合せを繰り返して、少々の問題点は残しずつですが、その問題点を工夫して生活さえすれば、改善点の方が多い結果となり、ご予算は建て替えの場合より数百万円低額になり、結果全面リフォームにて生まれ変わりました。



事例8
定年退職の時を迎え、ご夫婦二人住まいと、お孫様達の遊びに来る場所として新しい住まいを計画したい。と、お子様の家を新築させていただいたことをご縁にご相談を受けました。

40年くらい前に新築後、2度の増築をされ、大きな2階建住宅でした。

「2人住まいには大きすぎるし、2階は無用だし・・・」
いっそのこと、終の棲家として平屋住宅での建て替えも視野に入っていましたが、お打合せの結果、2階部分を解体撤去し、平屋建て住宅として間取り変更も含めた全面リフォームにて、生まれ変わりました。

営業部 太田

一枚板のテーブル

森本工務店のミーティング室の打ち合わせテーブルが新しくなりました~。
一枚板の天然木の天板は、「ボセ」の木です。
あまり聞きなれない樹種ですが、南アフリカ産の南洋桜系だそうで、
3メートル5センチの長さで、厚さは≒60㎜あります。
材木屋さんに板を見に行き、打ち合わせをしての製作~塗装をしてもらい、
本日の納入となりました。
テーブルの脚の間に、今使っている椅子もピッタリ納まってスッキリ。
皮付きの縁もお気に入りです。







                























わぁ~、きれい~。
この天然木の天板が、
使っていくうちにだんだんと色が変化していくのも楽しみです。

デザイン室 真田

最近ではめずらしい木製玄関・完成

以前、ブログで紹介した木製玄関建具が完成しました。
(以前のブログはコチラ)

枠と同種のモアビ(南洋桜)で作製しまた。
重厚感があり、時が経つにつれ、木が家に馴染んできて、
次第に独自の味わいが出てくると思います。
↓工事中

↓完成写真

常務取締役 森永

謎の虫に注意

赤いクモみたいな謎の虫?


この時期になると発生する生き物・・・
↓石にいるところをパシャリ




見た目が気持ち悪い。触ると潰れるし、潰れたら赤い液体が付いたりと厄介な奴について調べてみました。


4月~6月頃になるとタカラダニを目にする機会が増えますが、7月頃(梅雨明けとともに)になると数を減らしていきパッタリ見なくなります。


名前は、「タカラダニ」と言うらしい。


ダニと聞くと、やばいのでは?と思ってしまいがちですが、哺乳類への害はないようです。なので、哺乳類のペットを標的にしないダニのため、哺乳類を刺して吸血したり
寄生して数を増やしていくことはないようです。ちょっとホッとしました。

タカラダニはメスだけで繁殖(単為生殖)できますが、産卵を終えたは個体は24時間ほどで死にます。卵から孵化した幼虫のタカラダニは節足動物(クモやバッタなど)に寄生して、節足動物の体液を吸い満腹になると地面に落ちます。


地面に落下した幼虫のタカラダニは脱皮をして成虫になり、ハダニや花粉などを食べますが、寿命は短く約1ヶ月~2ヵ月の命しかありません。
実は、タカラダニは解明されていない部分もある謎多き虫です。でも、今後は解明されて詳しい生態がわかるかもしれません。

 

タカラダニは、コケを住家としているし、コケに付いた花粉などを餌にしているため、コンクリートの地面や壁、コケ、ビルの屋上、ベランダなどにいることが多く、場所によっては大量発生して赤色に染まることもあるようです。動きはわりと早く、窓や隙間から室内に侵入することもあります。


しかし、タカラダニの直接的な害はなくても、赤い液体が衣類や布団などにつく被害はあります。タカラダニが発生する4月~6月頃は、洗濯物や干している布団にくっついていることもあるでしょう。最悪なのは何かの拍子でタカラダニが潰れてしまった時です。洗濯物や布団についた状態でタカラダニが潰れると赤いシミができます。

対策としては、

「タカラダニのいる場所に水をまく」

タカラダニが屋外にいる場合は水で駆除しましょう。じょうろ・ホース・高圧洗浄機などを使い、タカラダニに向って放水すれば簡単に駆除できます。

中でも、おすすめの駆除アイテムは高圧洗浄機です。

高圧洗浄機は水に勢いがあるためタカラダニを一気に駆除できたり、タカラダニのエサとなる花粉をしっかり洗い流すことができます。じょうろやホースで放水してタカラダニを駆除する場合は、水で流した後にブラシなどで地面や壁面を擦って花粉を落としましょう。

水をかけられたタカラダニの多くは溺死しますが、殺すことができなかったとしてもタカラダニは水と一緒に流れていくため、遠くに追いやることができます。また、水でタカラダニを駆除すると潰れて赤い液体が出ることもありません。


「殺虫剤で駆除」 


害虫駆除と言えば殺虫剤がメジャーですが、”タカラダニを駆除するならダニ専用の殺虫剤を使わなくても駆除できます。

タカラダニは、殺虫剤に弱い害虫で殺虫剤であれば何でも効くため、ゴキブリやムカデの駆除に使える殺虫剤でも効果あり。また、殺虫剤の多くはピレスロイドが含まれていますが、ピレスロイドは即効性があります。つまり、殺虫剤に弱いタカラダニにスプレーすればすぐに駆除できるはずです。

ただし、タカラダニは小さいため、スプレーの勢いで吹き飛ばないように注意しながら殺虫剤を使いましょう。殺虫剤でタカラダニを駆除したら掃除機で吸い取るか、タカラダニを潰さないように意識しながら粘着剤で取り除きます。



そして、タカラダニの天敵は、「クモ」だそうです。

庭などにクモを使うのも効果的のようですが・・・
一緒に生活するのは嫌だな・・・と


お客様サポート課 前田でした。