スタッフブログ

スタッフブログ
  1. ホーム
  2. スタッフブログ

クリスマス♪

早いもので、今年も残すところわずかになりました。
街はクリスマスのイルミネーションできらびやかに彩られています☆
森本工務店の玄関もクリスマスのディスプレイにしてみました。










 
壁にかけてある木のツリーは、いつも一緒に仕事をしている総務課の梨奈さんに、かわいい雑貨のお店を教えてもらい買ってきました!
きらびやかで豪華なツリーもいいですが、木のツリーはシンプルですが、ナチュラルな温かみがあってとても素敵です。
オーナメントもなるべく自然素材のものを使って、リースも木の実を利用して作ってみました。












今年の冬の寒さは一段と厳しくなるそうなのでホワイトクリスマスになるかもしれませんね。
皆様のところにもサンタクロースがやってきますように…(*^_^*)
事務所にお越しの際は、是非ご覧下さい。


総務課 森本奈美

黒柿(くろがき)

こんにちは、資材課の三宅です。


(before:左、after:右)
写真は、施主様支給の黒柿を加工する前と後の写真です。加工前は、普通の汚れた木材ですが、加工したあとの木目の美しさは、見応え十分です。こればかりは、貼り物の木(プレハブメーカーさんが使う木)にはまねが出来ません。

施主様の家の玄関框(かまち)になります。

ところで、黒柿というのは俗称で、柿の木が数百年の樹齢を重ねて古木(こぼく)になったものの一種で、まれに心材が墨で書いたように、黒い紋様を有するもののことを言います。

木に含まれるタンニンという成分が沈殿して、黒色状の模様を作るのですが、全ての柿の木にこういう模様ができるわけではないそうです。

黒柿が高級材と言われる理由が、ここにあります。

職業体験(お仕事チャレンジ)

先日の勤労感謝の日(11/23)に、地元の玉島青年会議所さん主催の
「わくわくキッズフェス お仕事チャレンジ」に参加をしました
記事が山陽新聞に掲載されました。

(写真左の緑ジャンバー:社長、右の緑ジャンバー:営業森本)


子どもさん達に、さまざまな職業を体験していただき
仕事の面白さや大切さを感じていただくイベントです。


ケガもなく、無事自分たちの手だけで造り上げた建物をみて、
感動している子どもをみるのはとても嬉しく思いました。


将来、大工さんや職人さんに憧れて、
手に職をもつ子どもが増えるきっかけになれば幸いです。


営業部 森本

事務所内が見れます♪

先日、グーグルインドアビューの撮影をしました。
グーグルの認定が無事、通過し公開となりました~~~!!

★インドアビュー…グーグルストリートビューの屋内版。室内の様子を見ることができます。

↓撮影の様子



一生残るものなので、カレンダーや季節物がある度に片づけては、、、撮影して、、、元に戻して、、、2時間超にも及ぶ撮影でしたが、見応え?あるものが出来上がりました。ぜひご覧下さい。

こちらをクリックするとご覧頂けます(会社ページにとびます)

当社について

デザイン室 那須

灯籠の台

先日、会長からの依頼で灯籠を置く台を加工しました。材料は松の丸太の輪切りされたものです。まず皮をむきます。次に円柱に削り、上下を少し絞りました。その方が見栄えがいいそうです。最後に割れを防ぐため、中心に穴をあけ完成です。

資材課 磯田

床(とこ)天板

加工場で、木材の板を加工できる機械は、自動カンナ盤で500(50㎝)未満、ワイドサンダーで600(60㎝)未満までです。それより広い幅の板になると、大工の川西さんによる手での加工か、外注(よそで、加工してもらう。)になります。


上の写真は、O様邸の床の天板で、幅800(80㎝)位のものです。

当然、加工機に入りませんので、川西さんに加工してもらいました。(手カンナで仕上げ中)

人の手だと、時間がかかって効率が悪くなるのですが、特殊なものほど人の手をかけることにより、味が出てくるように思います。

資材課の三宅でした。

建物を建てるのに必要なものの一つに釘があります。

釘と言っても、色々あります。材質で分けると、金釘、竹釘、木釘。


金釘にも、日本古来からの和釘(上の写真)、明治初め頃輸入されて、今は主流になっている洋釘。
洋釘の中でも、鉄釘、メッキ釘(鉄釘をメッキでコーティングしたもの)、ステンレス釘、真鍮釘など多種あります。

(左より、鉄釘、ステンレススクリュウ釘、真鍮スクリュウ釘)。


和釘は、断面が四角形で、不純物が少なくて、錆が内部まで浸透しにくく、千年はもつと言われています。板をとめる釘の長さは、板厚の2.5~3倍位が適切です。また、釘の径が板厚の6分の1をこえると、そのまま打ち込むと板が割れることがあります。きり(ドリル)で下穴を開けておくと良いです。

資材課の三宅でした。

手すり取り付け

只今、お客様訪問をさせて頂いているお客様サポート課の前田です。

先日、A様邸で階段に手すりを取付たいとの事で、早速打合せをさせて頂き、取付工事をする事になりました。今回は、当社の女性加工職人の磯田さんに取付をしてもらいました。

【取り付け前】







【取り付け後】

 





女性ならではの気遣いが感じられました。

みなさん、お困り事などどんなことでもご連絡下さい。 お伺いさせて頂きます。

A様ありがとうございました。

お客様サポート課 前田でした。

紅葉

こんにちは、資材課の三宅です。

朝、夕の寒さがけっこう厳しくなってきました。

通勤途中の街路樹の銀杏(イチョウ)の木も、黄色く紅葉して見頃から散り始めました。

(信号待ちの時に撮りました)

しかしながら、会社の近くの街路樹のイチョウの木は、この通り。

丸坊主で、情緒がまったくありません。

紅葉する前に、バッサリと剪定して、落ち葉が道路に落ちるのを防ぐためだと思います。(落ち葉の量がハンパなく、スリップ事故等が起きないようにするため?)


道路清掃の人は、大変かもしれませんが、秋を感じる紅葉は欲しいものですね。


ところで、イチョウの名前の由来は、葉がアヒルの足の形に見えることから、中国語で鴨の足を意味する「イーチャオ」か゛変化して「イチョウ」になったと言われているそうですが、正確な由来は、わかっていないそうです。


虫が付きにくく、枯れにくく、手入れが簡単なタフな木なので、街路樹によく使われるようです。

職場体験に中学生が来ました

先日、職場体験「チャレンジワーク」にて地元中学校の男子2名が仕事の体験に来ました。
あいさつがとても素晴らしいお2人で、とっても器用。


デザイン室の仕事も体験してもらいました。自分で考えた家の設計図に、色を塗って仕上げます。
2人とも、熱心に作業に集中し、私たちも驚くレベルの図面を仕上げてくれました。
(見習わねば・・・・と焦りました。)

建築業界への就職率が減少するなか、「将来、設計士になりたい!」「大工さんになりたい!」と言って、来てくれることは本当に嬉しいことです。

デザイン室 那須

12345...102030...
資料請求 イベント情報 お問い合わせ