スタッフブログ

スタッフブログ
  1. ホーム
  2. スタッフブログ

猛暑対策

異常気温の夏を皆様はどのように過ごされていますでしょうか。

特に夜の睡眠時が問題ではないかと思います。一晩中エアコンを運転されているご家庭も多いのではないかと…。
住宅の平面計画の打合せ時、よく出るお話が「夏の西日対策の為に西には窓を取りたくない。小さい窓にしたい」とのご希望です。

そこで私の自宅(寝室)の事例をご説明してご判断頂くことがあります。

実は東西側に大きい窓を取っています。それも腰高をベットの高さ(約35cm)にしています。
夏の西日は強烈で私が帰宅した時の室内温度は36℃になっている事もあります。
(ただしその分、真冬の夕方は非常に暖かくなります)帰宅直後にエアコンのスイッチを入れて28℃まで室温を下げ、就寝する頃にはエアコンのスイッチを切って窓を開けています。

翌朝目覚めた時の室温は28℃~29℃くらいで少し風があると薄い寝具にくるまっている場合もあります。先輩方から岡山県南では夏の夜には西風が吹くとのお話を聞き、設計変更したのです。
3~4年前までは天候にもよりますが夜9時頃にはエアコンは無用でした。

さすがに今年は、、、、、。
最近の新築住宅では窓を小さくして断熱材で室温を外に逃がさない対策をする事が主流になっているようですが、自然を最大限活用することも又、エコになるのではないでしょうか。

営業部 太田

いよいよ明日開催!!


明日はいよいよ「第18回木の香まつり」を開催します!


明日の準備も無事終え、明日の日を待つ運びとなりました。

まだまだ暑さは続きますが、楽しいイベント盛りだくさんで皆様のお越しを

スタッフ一同お待ちしております。

木の香まつり実行委員長 前田

木の香まつり準備中

こんにちは、資材課の三宅です。

ただいま、親子木工作に使う端切れを加工中です。

 

いろいろな板があり、良いものからなくなっていくので、8月18日(土)の当日も気温が高くなると思うので、早めに来社されて力作を作ってください。

お待ちしています。

ひまわり

今月の玄関ディスプレイは「木の香まつり」仕様です♪
夏らしく、ひまわりをたくさん飾って華やかにしてみました。












・バスケット収納
・ディスプレイボード
・貝殻フォトフレーム(女子会)
・瓦ネックレス

























木の香まつりで作って頂くことが出来る、上記の物の他に
各コーナーの案内や過去の写真も飾っていますので是非ご覧ください。

今年の木の香祭りも楽しんでいただける内容になっていると思いますので
ご家族ご友人お誘い合わせの上、是非お越し下さい♪


総務課 森元

走る「森本工務店」

バスの後ろに「森本工務店」が見えました。


平屋の屋根部分の写真に、『木造住宅一筋50年』の文字が書かれています。
現場に行く途中、倉敷の街中で見ました。何かいいことがありますように!

新幹線のイエロードクターって知っています?
幸運を呼ぶって言われています。

走る「森本工務店」も幸運を呼ぶかもね?
出会えるといいですね!


お客様サポート課の後藤でした

木の香まつり

暑い日が続きますが、今年もお盆休み明けには、
「木の香まつり」を開催します!!

 


☆開 催 日  平成30年8月18日(土)
☆開催場所 森本工務店敷地内
☆開催時間 9:00~15:00

おやこ木工作、おやこ女子会貝殻フォトフレームづくり、 瓦でネックレスづくりなどなど
 おやこで楽しんで頂けるイベント盛りだくさん!!

そのほかにも
ミニ上棟体験&菓子なげ、お菓子釣りなど
わくわくドキドキの催し物もあります。
今年のミニ上棟体験は、保護者と一緒なら5歳から参加OK

(詳しくは<イベント案内>をご覧ください)

 ご家族様、お友達など誘って、森本工務店へGO!GO!
皆様のご来場をおまちしております。

木の香まつり実行委員長 前田

さわら

写真の板は、M様邸のTVカウンターに使うさわらの板です。

 


割れが入っていたので、1度割って張り合わせました。

 

 


貼った所が解らない位、きれいに貼れました。

皆さんは、さわらと聞くと魚のさわら(鰆)を思い浮かべると思いますが、木にもあります。

椹と書いてさわら。
ヒノキ(桧)科の木で、木目は桧ですが、桧のような香りや光沢はなく、木肌は杉に似ています。

資材課  三宅

後藤のプチリフォーム 『軒天・波板』編

OB様のお宅で、玄関ポーチの軒天張り替えとアルミテラスの波板の張り替え工事をさせていただきました。      

〈Before〉

〈After〉



ありがとうございました。軒天用ピーリング材の一部が剥がれかけていたので、住宅の化粧野地にも使用する杉板にて張り替えをしました。      
無垢板なので、もう剥がれる心配はありません。今は白っぽいですが、一年も経つときれいな飴色になっているでしょう。    


 

また、同時にアルミテラスの波板の張り替えもさせいもらいました。ロンズ色のポリカ材の波板を使いました。      

 

 

↑アルミテラス波板 施工前

 

↑波板全体をやり変えました。

どちらも、一日での施工でした。      
気になるところがありましたら、気軽に声をかけてください。      
      
お客様サポート課の後藤でした      
      
      

きくみみ岡山(豪雨災害・水害ガイドブック掲載)

この度の西日本豪雨の被害を受けられた皆様に、
心よりお見舞い申し上げます。

総務省 岡山行政監視行政相談センターより、
被災を受けられた皆様へ相談窓口および生活支援のガイドブックを掲示されています。
お困りごと毎にまとまられておりますので、ご案内いたします。

きくみみ岡山


(画像をクリックすると、記事が見れます。)
水害被害に遭われた方に少しでもお役に立てれば幸いです。

営業部 森本

 

トイレと便器と手洗器

設備機器・器具の変化・進歩とともに、トイレもずいぶんと変化してきました。

(和便器+小便器)→(兼用便器+小型手洗い器)→(腰掛便器+タンク手洗い器)→(腰掛便器+埋込手洗い器)→(一体型腰掛便器+カウンター手洗い器)
その他のプロセスにてくみ取り式から簡易水洗式を経て、水洗トイレが今では当たり前になりました。


広く、明るく、きれい、出入り口も広く…とお客様のニーズもずいぶんと変化してきたと思います。
便器の脱臭機能と換気設備の進歩に伴い、一般家庭でも窓の無いトイレも出来る様になりました。

洗浄方法と便器の表面処理方法の進歩により使用水量も大幅に減ってき、エコになりました。
世界的にも使用水量の目標設定により、更に水量を減らすよう研究も進んでいる様です。
ただ、少し気になるのが便器も使い捨てになるのではないかと思えてしまうことです。
最新式の便器は、一体型が主流になっているのですが、故障発生時、修理不能にて全体を取替えなくてはならないケースが発生しているのです。

もったいない気持ちになるのは、私だけでは無いと思います。
広く、明るく、きれいなトイレを計画され、手洗器、紙巻き器等小物類にもこだわりを持たれるお客様も多くなりました。

↓トイレ内に設けた扉付き収納。扉を開けると…

カウンター付手洗い器(ワンポイントにタイル貼り)

↓階段下を利用した手洗い収納スペース


↓天然木貼腰壁があるトイレ空間



営業部 太田

12345...102030...