資材課の三宅です。

森本工務店は、無垢(本物)の木にこだわっています。

出来たときが一番きれいな、集成材(貼り物)や偽物の木より、年を重ねるほど、人生と同じように味が出てくる無垢の木が一番良いと思っているからです。


下の写真のような、リフォームで解体された杉の木ですが、黒く表面は汚れていたり、痛んでいますが中はきれいなまま。

201611051035

↓木をカットすると・・・

201611051035

プレハブメーカーさんが使う表面だけを貼った貼り物(集成材)では、出来ないことです。