自社の、第三倉庫に数多く管理されている木材の中から、階段材として、選ばれた材料が写真にある地松です。
 


何年も自社倉庫で管理された木材は、自然乾燥させているので、地松特有の木目も力強く、含水率も10%~15%と低いです。

階段材に決まったこの木材を自社にある加工場で加工し、現場に搬入したものを、大工さんが組み、つり込みます。

出来上がった階段(^^)/
 


80年~100年くらい、山で育ち自社の倉庫で何年も自然乾燥して、やっと製品としてお客様の元へと引き継ぎます。これからも、森本工務店は、“木”という生き物と向き合って、日々進化していきます!

建築部 梶谷