新たに県指定の重要文化財となる山門を見に、備前市の「正楽寺」に行ってきました。
     
江戸時代後期の建築で、軒裏に繊細な意匠を凝らした板を配する板軒仕立てとしては県内唯一の建物とのことです。     







↑軒唐破風と回縁

初めて見る軒裏板の雲、波の浮彫は躍動感があり見事なものでした。

↑軒裏板の浮彫
全国的にも類例はあまりないそうですが、近県では香川県の金刀比羅旭社が知られているそうです。     
細部の意匠も洗練されていて、寺院の山門として華麗で風格のあるものでした。  
     

↑扇垂木の鐘楼
また、境内にある鐘楼の扇垂木もすばらしかったです。「見に行ってよかった」と自己満足!     
        
お客様サポート課の後藤でした。