来月上棟予定のS様邸のタルキを加工しました。

 

タルキは屋根の仕上げ材や屋根下地を支えるために架け渡す材です。
加工する前に桟積みをしてよく乾燥させておきます。
タルキの上には板金や瓦などがのるので垂れ下がってみえないよう、できるだけむくった方向で使います。また、節やキズがでないよう気を付けて加工していきます。
木は一本として同じものがなく、どう使うか答えは一つではないので、悩むところではありますがおもしろい所でもあります。

資材課 磯田