築60年になる住まいの縁側の軒先の写真です。

曲がった木をそのまま活かした【はね木】、
長い出し桁(だしげた)をしっかりささえています。
柱のささえ無く、軒(のき)を深く出すために設けられた部材です。
このように曲がっていないとうまく納まらない。

よく見ると木の繊維が曲がった方向と同じように曲がっています。
このような木を探すのはとても難しかっただろうと想像できます。


この度、建て替え工事をさせていただく事になり、
壊す時に保管しておきました。
適材適所にうまく木を使い分けられる、
昔の大工さんって本当にすごいですね。

常務取締役 森永