桧の板を自動かんな盤で加工していたら、何かキラッと光るものが。

 

釘があった? 刃が欠けた?

と思いましたが、よく見ると銀色の鉛玉が真っ二つ。

散弾銃の玉のひとつでしょう。鉛は柔らかいので、あまり刃は傷めません。

製品としては、傷があるので価値は下がりますが、この板は、山に木として生えていた時に、猟師さんが猪か鳥を撃った流れ玉に当たったんだなーと思うと、何かロマンを感じませんか?。

資材課の三宅でした。