先日、大工の藤田棟梁が次の現場に入る間、加工場に応援に来てくれました。写真は、A様邸、補強梁材を仕上げてくれている所です。12㎝×30㎝、長さ4メートルの杉材で、私と2人がかりで加工し、超仕上げ盤では、大きすぎて入らないので、手鉋(かんな)で、仕上げてもらいました。

さすが、大工さんです。手早く、きれいなカンナくずを出して仕上げてくれました。

資材課 三宅