OB様宅で、外壁の焼き板を張り替えさせていただきました。      
ありがとうございました。      
      
西側で風当たりもよく、長年風雨にさらされて、      
炭が落ち板の表面の見えているところもありました。      
      
このあたりでは、焼き板の家ってよく見かけますよね。      
昔は、船の板を焼いて耐久性を持たせたとか。      
そのなごりもあるのでしょうか?      
〈施工前〉





〈施工後〉


「本焼き板」とは、杉板の表面を高温で焼き、炭化させた外壁板です。      
炭化させると表面が炭でコーティングされた状態になるので、耐水性、耐久性が高まって長持ちするそうです。また、一度焼いて炭にしてあるので、燃えにくく、腐りにくいという特徴があり、防虫、調湿効果もあるそうです。      
      
岡山の海沿いの地域は、肥沃で農業に適していますが、水はけが悪く、湿気の多い土地なので、家を長持ちさせるために欠かせない、気候風土になじむ外壁の板だったのでしょう。      
      
「本焼き板」の家並み風景っていいものですね。      
特に、海沿い川沿いの地域には馴染んでいると思いませんか?      
      
お客様サポート課の後藤でした