梅雨の貴重な晴れ間に
リフォーム工事の現場におじゃましました。

監督さんと大工さん、
外壁を『焼き板張り』に改修するので
張り方の詳細を打ち合わせている様子です。

  ※『焼き板』については、「おかえりなさい木の家」をご参照下さい。













リフォームの現場では 既存の物と
どうやって“取り合い”そして納めるか、、、
難しい所がたくさんでてきます。

取り合い”とは部材どうしが接合する部分の事で
リフォームに限らず よく使う用語です。

機能的に、仕上がりよく、既存のものと
取り合う”のには 技術が要ります。
納まって、仕上がってしまうと気づかないかもしれません。













”取り合い”には知恵技術が詰まっています。

設計課 岡田