最近、あちこちで岡山弁のことを聞くようになりました。

テレビの妖怪ウオッチや映画のタイトルなどで、

少し有名?になったからでしょうか。

岡山県のみなさん、岡山弁使っていますか!!!

○○じゃ。とか ○○じゃろう。程度でなく、も~少し古典的な、

他府県の人がたいてい誤解するような言葉のことです。

たとえば、「みてる」・・・無くなる

「すける」・・・乗せる、「とらげる」・・・しまう

「しねー」・・・しなさい、「はしる」・・・しみる

どうです。これがわかった人は多分50才代の人だと思われますが・・・

「ぼっけー」、「でーれー」、「もんげー」

上記の言葉は、どれも「すごい」という意味です。

これだけ種類をもっている県は他には無いでしょう。

「しわい」という言葉があります。これは、食べ物がゴムのように

弾力があり、噛み切れないときに使います。

他府県では「固い」という表現しかないみたいです。

あの人は「しわい」といった使い方もします。

これは、一筋縄ではいかないような性格の人をさした言葉です。

このように岡山弁は、他府県に比べて、表現が豊かな言葉です。

どうです、少しは岡山弁使ってみようと思いましたか?

総務課 としくんでした。