先日、南小学校二年生の町たんけんの日がありました。

F1000209.jpg

グループに分かれて、地元のいろいろな所を回ってたんけんをするみたいです。

当社には、2グループがやって来ました。

事務所でいろいろ質問をしたあと、加工場へ。

加工場では、木材を使って家の部品(造作材)を作っていること、

軟らかい木(桐、杉)から堅い木(欅、栗)があること、

軟らかい木は触ると暖かく感じ、堅い木は冷たく感じることなど、

実際に触って体験してもらいました。

そのあと、大工さんの手を借りて、各自自分でカンナをかけて

桧のカンナくずを大事に持って帰りました。

無垢の木の良さは、やっぱり実際に触ってもらうのが一番だと思います。

今日来てくれた子供達の中で、建築(木)に興味を持ってくれる

子供がいたら良いのにな。と思うしだいです。

資材課の三宅でした。