今回は、赤磐市にある千光寺に行ってきました。
奈良時代(760年)に、報恩大師によって創建されたお寺です。
  千光寺

まず目に飛び込んできたのが、畑の中にぽつんと建っている仁王門!
江戸時代に建てられたそうですが、
堂々として威厳すら感じました。
千光寺仁王門

少し車を走らせると、やっと境内に着きました。
薬医門の山門や袴腰鐘楼、また本堂など、かなりの年月を
感じさせてくれる建物ばかりです。
古き中に、新鮮ささえも感じさせてくれる木造建築っていいもんですね!

息を切らせながら奥の石段をのぼると、
そこには三重の塔が建っていました。
千光寺三重塔威風堂々と端正な塔が!
見とれてしまうくらいの美しさですよ!
江戸時代に建てられたものを今みている、
なんか不思議な感じがし、何か落ち着く気がしました。

古い木造建築を見ると、新たな発見があります!
何百年も生きてきてるんだなって思うと!

お客様サポート課の後藤でした