スタッフブログ

スタッフブログ

現場

木材を吟味しています。

先日、現場監督と新築をする現場の構造材の選定に材木屋さんへ行ってまいりました。







(材木屋さんにおいてある丸太を撮影)

化粧梁(部屋内で使用する見える梁)の選定で、
長さや幅(せい)を確認し、
木目がどのように見えるか、
節が気になる場所にあるかどうか、
木目はそろっているかなど、
何本もの材料の中から見てきました。















これぞというものを選ぶことができ、出来上がりが楽しみです。
また、一本一本異なる木材を見ながら、
お客様の住まいの出来上がりを想像するのはとても感慨深いものです。

いい住まい、満足する暮らしになっていただけるようこれからもご提案していきます。

営業部 森本


現場での新人研修

もーすぐ春ですね~♪

あー待ち遠しい!!

と 言うことで、我が社にも営業希望の新入社員が入ってきました。

現在、3ケ月間の研修期間中であり、工務店の仕事を覚えるため、そして先輩社員や現場で働く皆さんと仲良くなるために、日替わりで、先輩社員の下で同行勉強中です。

営業、総務、設計、現場監督、コーディネーター、木材加工、大工などなど、様々な職種の先輩方に可愛がられ、この度、我が土木班でも、2日間修業しました。

















  ↑ なかなかのイケメンです


















 ↑初めてのインパクトドライバー

















 ↑スコップでの作業も初!?
















 

 ↑でも、この通り!

見事に建物基礎の下地をきれいに仕上げてくれました。

(渡辺君との共同作業です。)

彼の研修日報を見てみると・・

「基礎の構造と仕組みが分かった。
 道具の使い方やコツが体感できた。
 土木作業の内容が分かりやすく教えていただきました。」

とありました。

みなさん、二十歳の米山君を応援してください!

   土木班 末吉博文

PS 営業に疲れたら、いつでもうち(土木班)においで~

ウォールナットフローリング

床材の中ではシックな雰囲気の「ブラックウォールナット」
年月とともに徐々に黒が抜けて明るい茶色へと変化するのも特徴で、
使い込むうちに醸し出される独特の色合いを楽しむこともできます。




























現在、床・施工中です。
写真の中の白く薄い板のようなものは、床の伸び縮みのため、少し間をあけるため、
薄い板をはさんで張っているところです。
床を張り終えたときに、この薄い板は取りはずします。
天然木の床材は、伸び縮みによる対策が不可欠です。
常務取締役 森永

本日、吉日。

本日もお日柄が良く、地鎮祭を執り行ませていただきました。






(T様邸 地鎮祭)







(K様邸 地鎮祭)


地鎮祭というと神社の神主さまに祝詞を奏上いただくものが多いですが、
お寺による仏式においては、お経を唱えていただくものもあります。


作法もさまざまあり、
今回はどちらの作法もあり、今回はお供えするものの違いを、ご紹介

 榊(さかき)は、神式において使用され、
  玉串とも言われ、神様にお供えされるものです。
  木偏(きへん)に神とつく漢字であり、神事に欠かせないものです。


 樒(しきみ)とは、仏式において使用され、
  お香のような香りもあり、清めるためのお供え物とのこと。


他にも、
 ササキ(別名シャシャキ)は、どちらも兼ねた使われ方をしており、

  主にお墓参りの際に、玉島の地域では使用されているとのこと(花屋さん談)

これからの工事の安全、家庭円満を祈願しております。
しっかり工事を進めて参りますので、よろしくお願いいたします。

T様、K様、本日はおめでとうございます。

営業部 森本

現場打合せ

先日新築工事中のお客様と現場での打合せをしました。

工事が進んでいくと実際に部屋の大きさや棚の高さなど図面上ではぼやっと分かりにくいことが感覚的に分かって、完成イメージが湧きやすくなります。

今回の打合せでは、階段下のスペースに置く予定のものが十分置けそうで安心しました!

完成が楽しみですね!

営業 小田

現場に花

住宅地で3階建て住宅の新築工事をさせていただいています。
閑静な住宅地の中での工事、
ご近所様に迷惑をおかけする工事現場です。

通られる方の不快な思いを少しでも和らげるために「花」を飾っています。
大工さんが毎日水やりをしてくれていて、とても元気に咲いています。

  

先日、隣の奥さんが、「私、お花が大好きなの、ありがとう」
と言って焼き芋を差し入れてくれました。

こちらこそ、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

常務取締役 森永

見えないところも強く美しく仕上げます!

こんにちは!土木班の末吉です。

この写真は、先日、土間コンクリートを打設(だせつ)した時の様子です。



ちょっと足下を見て下さい。

長靴ではありません。

これは、私たち建設業界では通称“げた”と呼んでいるものです。


土間のコンクリートを打ってから表面が少し硬くなり、金ゴテで仕上げる時に“ゲタ”を履いてコンクリートの上に上がります。

長靴だとしっかり?靴跡が残りますが、“ゲタ”を履くと足跡のくぼみが軽減され、表面を仕上げる“コテ押さえ”という作業がやり易くなります。


この“ゲタ”をインターネットのヤホーで調べてみますと(古)、“クッションスリッパー”とか“アルミスリッパー”という名称で販売されていました。

良い仕事をするためには様々な道具を駆使しないといけないんですよね~

すべてはお施主様のため! 

綺麗で強いコンクリート工事を心掛けています!

基礎も森本工務店の社員が工事しているので安心!

こんにちは! 建築部土木班の末吉です。

私たちは現在『古民家再生』の基礎工事をしています。

再生工事とは長年住んできた大切な住まいとご家族の思い出を残すため、大黒柱、梁(はり)、木組を残しつつ現代の建築技術を融合させて、快適な生活空間を生み出す工法です。

 

 上の写真の状態から、砕石・防湿シートを敷き、鉄筋を組んでいくことにより、湿気が上がってこない強い基礎にしていきます。

 

大事なところは補強筋を入れ更に強く!そして、コンクリートを流し込みます。

 

なかなかお目にかかれないショット!
ポンプ車でコンクリートを建物内部へ送りました。

 

綺麗で強い基礎が出来ました。
さあ、この後は大工さんの出番です。

ヨロシクお願いします!

   建築部土木班 末吉 博文

リフォーム工事・階段手すり

リフォーム工事で手すりの取付をさせていただきました。
<BEFORE>
階段の途中に 手すりがありませんでした。
当時はブラケット金具の種類も少なかったからでしょうか…
まわり階段の部分に手すりがない状況でした。

<AFTER>
連続の手すりに取り替えさせていただきました。

今回のリフォームで 力を発揮したのがこの金具!

特殊な形で ”壁の隅に” 取り付けでき、
角度が自在に調整できます!

確実に下地のある所に取り付けできる、
リフォームにもってこいの金物です。

連続した手すりで “安全・快適”UP

お手伝いをさせていだだき
ありがとうございました。
設計課 岡田

K様邸 改装工事

改装工事中のK様邸へ訪問してきました。

エアコン業者さんがエアコンを取付けている最中です。

明るく、天井の曲がった梁が印象的なLDK。
床材はタモ。足に優しい肌触りです。


もうすぐお引き渡しです。
↓工事中の様子


完成が楽しみです。
デザイン室 那須

★イベントのお知らせ★
9/1(土)13:30~『リフォーム相談会』
・まだ計画は先だけど相談にのってほしい
・壁紙の張替えだけでもできる?
・金額が知りたい
など、個別でご相談に応じます。