会社横の『刻み場』では若手大工達が、木材に墨を付けて刻んでいます。









  

最近は工場の機械で木材を刻む『プレカット』が主流になっていますが、当社では『手刻み』も併用しています。

機械で行うと木の表裏・上下も関係なく加工しがちですが、手刻みでは、熟練の大工が、1本1本違う自然素材である木の『クセ』を読みながら削るため、木の持ち味を生かしてより美しく、より強い構造材・内装材として使えます。

ぜひ、ご来社いただき、大工さんが墨付けをしている姿を近くで見て下さい!