当社の新築現場の見所の一つに『厚鴨居(あつがもい)』があります。
最近の和風建築でもお目にかかることが少なくなってきています。

 












↑ 建具が入る前の状態 分厚い鴨居が綺麗でしょ。 

※『厚鴨居』とは、化粧で出てくる梁のことで、この下に建具が入ります。
構造的な意味を持っているので、一般の鴨居とはちょっと違います。
厚鴨居づくりの家屋は昔から伝わる伝統工法で、寺院などでも見ることができます。
大工さん、現場監督の腕の見せ所ですね。
 

日本の伝統工法、厚鴨居づくりの家は地震にも強いと言われています。
こちらのお宅ではリビングと和室の間境に納まっており、これから施主様家族を末永く見守ってくれるはずです。