森本工務店の大工さんは、道具をきれいに並べて仕事をしています。
仕事がしやすいだけでなく、現場がきれいに感じますよね。














 ↑こちらの新築現場では、大工さんが床の間を創るため、大きな欅(ケヤキ)の板と格闘中です!

 写真に写っているのは『鑿(のみ)』という道具で、木材に穴を掘ったり、割ったり、削ったりと大活躍するものです。

鋸(のこ)や鉋(かんな)の大きな刃が入らない場所の細工や加工に使われ、繊細な扱いが必要です。
そのため、切れ味が大切で、森本工務店の大工さんは、作業前後や、休憩時間、自宅で刃を研いでいます。

 ちなみに、『鑿(のみ)』には『玄翁(げんのう)〔かなづち みたいなモノ〕』で叩いて使用する『叩鑿(たたきのみ)』と柄の部分を手で握って、手の力で使用する『突鑿(つきのみ)』があるんですよ。

 当社の現場の職人さんはみんな優しいので、声を掛けて色々聞いてみてくださいね。