「古い家を建て替えるか、改装するか相談にのって欲しい。」

とのお電話相談をよく頂きます。

実際の建物を見てみないと何とも言えませんが、実際に見せて頂くと、
建てた当時、良い材料を使われていたり、思い出が多く残っていたり、
町並みにバッチリ溶けていたりした場合、増改築など再生工事をお薦めしてます。













では、新築と再生工事ではどちらが費用がかかるのか?

仕様にもより一概には言えませんが、ほぼ同じくらいかかると思います。

しかし再生工事をすることにより、新築にはない味わい、風格、落ち着き等々、
資産価値として、地域の宝物として、価値の高い住まいが誕生するはずです。









古い家をどうしようかと思われている方はぜひご相談下さい。
古民家をもっている幸せと価値を生かして欲しいと思っています。