これは、当社の現場監督が描いたスケッチです。













 
このスケッチが・・・

  












こんな素敵な玄関に!

平面図だけでは、現場やお施主様に伝わりにくいかったり、自身で材料を選別するのにイメージを膨らますために描かれたりします。










  ↓














現在、現場監督の省力化だけでなく、現場監督を存在させない色々な工務店や住宅会社が増えています。

建物を企画住宅化したり、協力業者さんにお任せするなどして『ゼロ現場監督』化に取り組まれています。
技術者不足、働き方改革など様々な理由はあると思いますが、森本工務店では考えられません。

お施主様の想いを汲み取り、それを現場で形にするためには現場監督が絶対必要です!

家づくりは森本工務店の現場監督(工務課)にお任せ下さい!