森本工務店の押入、クローゼットの内装には『桐(キリ)』の無垢材が使用されています。

  ↑ 内装は桐(キリ)

それは、押入の中に入れるお布団や衣類が湿気ることがないよう配慮しているためです。

アパートなどの借家などで、押し入れないに入れていた物がカビだらけになった!
という経験をされた方がいらっしゃるかもしれませんが、そんな嫌な想いをして頂きたくないからです。

『桐(キリ)』は国産材では最も軽くて柔らかい素材です。
適度な吸水性があり、何より火に強い!
火に対して表面がすぐに焦げて炭化し、それ以上中が燃えなくなること、熱を伝えにくい特性があることから、金庫の内張には桐(キリ)材だけが使われています。
もちろん箪笥(タンス)にも重宝されています。

また、下駄(げた)の最高級品には『桐(キリ)』が使用され、軽く足が疲れにくい特性があります。
傷は付きやすいのですが、床材に使用すると冬暖かく、夏涼しいのでオススメです。

このように天然無垢材を適材適所に使用することで、永く快適な生活ができます。

天然無垢材のことなら森本工務店にお任せ下さい!



 
↑ 納戸にスノコもおすすめです!