今年も朝飯に嫁さんが『七草がゆ』作ってくれました。

我が家では、毎年1月7日には恒例となっています。

年末からお正月にかけて疲れている胃を休めるため、
万病を防ぐため、邪気を払うためなど、様々な理由があるようです。

『七草』とは、芹(セリ)、薺(ナズナ)、御形(ゴギョウ)、繁縷(ハコベラ)
仏の座(ホトケノザ)、菘(スズナ)、蘿蔔(スズシロ)のことです。

 毎年、どれがどの草なのか確認しながら食べるようにしているのですが、
なかなか覚えることが出来ません。(>_<)

森本工務店では、このような日本伝統の家族を思いやる慣習を大切にしていきたいと思っています。

今年も無病息災で頑張ります。