今月の住宅情報誌に東京大学の恒次准教授の記事が載っていました。

教授は自身の研究結果を引き合いに

「木材は香りや手触りから心地よさを生み、木材に囲まれた空間には、人をリラックスさせる効果がある。」

と指摘されています。

また、その効果は

血圧や脈拍数の低下副交感神経の活動の活性化など数値として顕著に表れている。」

と説明されています。


また、恒次准教授は、

木造と鉄筋コンクリート造それぞれの校舎で過ごす生徒や教師を対象とするアンケートの結果から、鉄筋コンクリート造は木造に比べて教師たちの「慢性疲労や抗うつ状態を促進する」、生徒に関しては「注意集中の困難、眠気とだるさ、授業中の疲労感を高める」としています。
















心地よさを求める住宅こそ、本物の木に包まれた空間にしたいですね!