ただ今『チャレンジワーク14』を実施中です。

『チャレンジワーク14』とは職場体験学習のことで、
中学2年生が、社会で働く意義や仕事の大変さを学ぶということを目的とし、
2~3日間、地元企業に出向いて職場体験をしてもらうことです。
今回は男女1名ずつの参加でした。

当社では、営業・設計・現場監督・加工職・コーディネーター・アフターサービス部門の仕事をそれぞれ半日ずつ体験してもらいます。

初日は自分の部屋に掛ける木製看板を作成。


 

木目の詰まった良材にヒートペンで焼きを入れて文字入力しました。
二人とも上手です。


昨日は、宿題にしておいた『将来住みたい家』を図面化していく作業をしたようで、
出来上がったプランがこれ!

↑ 風通しを考慮したパッシブ住宅です。
  小屋裏部屋もあり、上手くプランをまとめています。

↑ 収納スペースも考慮されたつかがってのよさそうな住まいですね。
  外構(お庭)計画もバッチリです。

最終日は現場に行ったり、加工場では実際木材を鉋(かんな)で削ったり現場を体験。

 ↑ 将来大工を召さしている彼。
   鉋(かんな)掛けは「思ったより難しい。」とのこと。

 ↑ 厳しい目で仕上がりをチェック
二人とも一緒懸命頑張ってくれました。

この三日間の経験が、将来の進路を決めるのに役立てばうれしいです。

明日からは、しっかり学校の勉強を頑張ってね!