本日ご来社いただいた住宅雑誌を販売されている方からこんな質問をされました。

「なぜ、管理の大変な天然無垢の木材を使われるのですか?」と。

最近の『新建材』と呼ばれている合板などでつくられる建築資材は、本物の木に似ているので、そちらを使ったほうが楽なのではないか思われたそうです。

たしかに、『新建材』は技術がなくても扱いやすく、合理的にできていると思いますが、本物の木ではないんですよね。


本物の天然無垢材を使う理由は、森の中にある木と同じような機能を持っていて、家が活き活きと生き続けるからです。

森の中にある木と同じような機能とは、「調湿機能」「高い耐久性」「空気の清浄」「炭素の貯蔵」「熱伝導率が低いことによる断熱効果」などなど沢山あります。

せっかく木造住宅に住むなら、本物の天然無垢の木材でつくった家に住みたいですね。

特に人の肌に触れる部分は大事ですね。