森本工務店では床材には『無垢フローリング』(単層フローリングとも呼ばれます)が使われています。

『合板フローリング』と違い木材をそのまま利用したフローリングのことで、自然素材ならではの温かみ意匠性から多用しています。


『無垢フローリング』は木の種類によって性質が異なります。

大きく分けると、ヒノキやスギ、マツなどの『針葉樹』と、クリ、カバザクラ、チークなどの『広葉樹』の2種類に分けられます。

『針葉樹』は断熱性柔軟性に優れており、歩行感が優しいのですが、キズがつきやす特性があります。
※キズは補修できます!

反対に『広葉樹』は硬く耐久性が優れていますが、冷たく感じる場合があります。

  ↑ 針葉樹 アカマツのフローリング

  ↑ 広葉樹 ナラのフローリング


天然の無垢材は適材適所に使ってあげるとその特性を発揮してくれます。

たとえば、冬でも裸足で過ごしたいご家族には、温かみのある『針葉樹』をお勧めします。

また、見た目を長持ちさせたい場合には、キズに強い『広葉樹』をお勧めします。


新築でもリフォームでも素材選びは大切です。

木のことなら森本工務店スタッフにお任せください!