桜も開花し、すっかり暖かくなってきましたね~

毎朝の行動パターンも気持ちよく動ける気がします。

私の朝の行動パターンですが、7:00過ぎに会社の鍵を開け、窓を開けて空気の入れ換えを行います。

その後、朝礼までの間、社員と一緒に会社周辺道路のゴミ拾いをします。


毎朝、道に落ちているゴミを拾っても、次の日には、また別のゴミが落ちています。

なんだか、悲しくなってきますが、最近では落ちているゴミを拾いながら、

 「これはどんな人が捨てたのだろう?」

 「このマスク使えないかな?」

 「車の助手席から投げたゴミかな?」

 「タバコの銘柄が同じなので、同じ人が捨てているのかな?」

などと妄想をふくらませながら、ゴミ拾いをしています。

落ちているゴミを見て季節を感じる?こともあります。



カー用品チェーン「イエローハット」の創業者、鍵山秀三郎さんの言葉で、

足元のゴミひとつ拾えぬほどの人間に、 何ができましょうか。』とあります。

これからも、社員一同、まずは、自分の目の前に落ちているゴミを拾うことから実践していきたいと思います。

ひとつ拾えばひとつ綺麗になる」ですね!