本日はお日柄も良く上棟を執り行わせていただきました。

現場に入ると木の香りと大工さん達がトントン木を叩く音が気持ちい良いですね~


大工さんが叩くものと言えば金槌(かなづち)・トンカチですよね。

『槌(つち)』は、鑿(のみ)を叩いたり、釘を打ったり、道具を手入れする用途に使われます。

鑿(のみ)を叩く『槌』は「玄翁(げんのう)」と呼ばれているんですよ。



 ↑ 釘を打つための『金槌』を持つ若手大工さん

大工さんが道具を駆使してつくる木造住宅っていいですね。

おめでとうございました。