弊社の協力業者さんであり、板金工事をしていただいているイケメン集団『山下板金』さんの若社長さんから『バッタ』を頂きました!


 ↑ かわいいと社内で評判!

『銅(どう)』と『真鍮(しんちゅう)』でつくられたこのバッタ。

シンプルに見えますが、丁寧な仕事がされてあり、彼の技術力の高さとセンスが垣間見えますね。

板金職人とは金属の板を加工するプロのことです。


私たち建築業において、板金という仕事の役割はとても大きく、雨漏りをさせないことが使命となります。

また、金属板を切ったり曲げたりして様々な形状に加工して、屋根や雨樋、外壁を美しく強く仕上げることも大切な使命です。

  ↑ 彼らが仕上げてくれた板金の屋根(特に三角の円錐部分に高い技術力がうかがえます。)

日本の長い伝統から養われた技術と知識で、建築物を美しく仕上げる板金という仕事ですが、景気に影響を受けにくい仕事ともいわれています。

それは日本になくてはならない仕事であり、技術が無いとできない仕事なので、将来的にも安定している仕事と言われています。

これから中古住宅の流通が活性化されリフォーム需要はまだまだあると思われますので、技術を身につけたい若い方にはお薦めの職種ですよ!