社長ブログ

アルキメデスが発見したテコの原理

家づくり

当社の現場の屋根には『桔木(はねぎ)』を使用することが多々あります。

『桔木』とは、テコの原理で軒先を跳ね上げて支える材のことです。

屋根裏に取り付けることにより、屋根勾配を急にして軒先勾配は緩くしたり、軒を長く取るために鎌倉時代に考案されたものです。

農家や寺社建築で見られる屋根が直線形状ではなく反っているアレです。

↑ 桁を中心(支点)にして、左右で天秤のようになって、軒先を吊って支えます。

『桔木』は、より美しい軒先ラインを維持する縁の下の力持ちです。

伝統構法の技術ってスゴイですね!