当社には県外からも色々なお客様や建設業者さんが来られます。
 県外から来られた建材業者さんと市内を
車で廻っている時によく言われるのですが、
「岡山県の戸建て住宅のレベルは高いですね~」と。

そう思われる理由を伺うと、
 「家が大きい」
「屋根が大きく複雑な形をしている」などなど

 そして印象的なのは、
「サイディングを使った外壁が少ない。」ということです。

つまり外壁にモルタルやタイルや小舞土壁などを
使用している家が多いということでしょうか?

 外壁にモルタルを使用するということは、
モルタルが割れないようにするため、
 構造材には頑丈な乾燥材を使用し、
下地をしっかりさせるための大工さん・職人の腕が必要です。
また、モルタルが割れないよう養生しながら
上手に塗り上げる左官さんの腕が必要です。
だから、「岡山県の戸建て住宅のレベルは高い」
と思われるんでしょうね。

サイディングにも素晴らしいものはたくさんありますが、
流行り廃れのない、何十年もデザインに飽きのこない
住まいを創造する場合にはモルタル等の塗り壁や、
ほんまもんのタイルがいいですね。

ぜひ、当社が施工した築年数のたった家も見に来て下さい。