以前、リフォームで床の貼り替えをさせて頂いた時の話です。
 床下に潜って、大引き、束、根太の調査をしていたところ、
途中で切れた電気のコードがを発見!

 「なんじゃ こりゃ?」

コードの元をたどると
応接室に付いているスイッチにたどり着きました。

 「何のスイッチだろう?」

お施主様に尋ねたところ。

 突然訪問してきた業者に

「床下の換気が悪いようなので、
換気扇を付けないと床が腐って大変なことになりますよ。」

と言われ、床下に換気扇を付けてもらったそうです。

しかし、実際には室内には換気扇のスイッチがあるのですが、
床下に潜っても、換気扇も何も取り付けてありませんでした。

 「屋根瓦がずれていますよ。ちょっと上がって見ましょうか?」
と言って、
屋根に上がって業者自ら瓦をずらし、
それを写真に撮って、
施主に見せて工事を促したり、

 「近所で、白蟻駆除をしているので、ついでに見ましょうか?」

と言って、
床下に潜り、
ポケットに忍ばせていた白蟻を出して、
それをお施主様に見せて、
さも白蟻被害がおきているかのように騙したり・・

 突然訪問してくる業者すべてが悪い業者ではありませんが、
まずは、地元の信頼できるところや、
建物を施工してもらった業者に問い合わせをした方がいいですね。