社長ブログ

社長ブログ

その他

こくちょー

本日、『地籍調査』の立会いに行ってきました。

『地籍調査』とは『国土調査法』【通称:国調(こくちょう)】による土地の調査の事で、
自分が所有している土地がどこにあって、大きさがどれくらいで、お隣との境界がどこにあるかなどをハッキリさせる調査の事です。

 ↑ 境界の確認がやり易いよう事前に草刈をしてました!

この『地籍調査』ご当地倉敷市では全市の約60%超の調査が完了しているようです。

調査費用は国・県・市が負担してくださるので、この機会に、しっかり協力して、土地に関する正確な情報を把握しましょう!

スマイルシンデレラご用達の駄菓子

お客様より縁起物ということで駄菓子の『タラタラしてんじゃねーよ』を頂きました!

  ↑ 開封済み

この駄菓子、先日、全英女子オープンで日本人42年ぶりとなるメジャー優勝を果たした渋野日向子選手が試合中口にしていたお菓子です。

ピリ辛で美味しいですね~


渋野日向子選手は岡山県出身ということで、益々のご活躍を期待しちゃいます。

倉敷美観地区の古民家再生もお任せください!

 ゴールデンウィークがスタートしましたね。

弊社では暦通りお休みをいただきますが、営業スタッフ・お客様サポート課(アフターサービス)は29日からお休みをいただきます。

しかし、お施主様やお客様の急なご依頼うやメンテナンスに対応できるよう、4月29日~5月6日は社員が日直をしておりご対応させていただいておりますので、お気軽にお困りごと等をお申し付けください!


本日は、所用で岡山屈指の観光スポット『倉敷美観地区』に行ってきました。

名物『くらしき川舟流し』では外国の方が和装で『川舟流し』



↑ 名物 くらしき川舟流し

とても幸せそうで、うれしくなっちゃいます! \(^〇^)/

当社で古民家再生工事をさせていただいた『きび団子屋』さんには長蛇の列ができており、とてもうれしく思いました。


ぜひ、施工写真をご覧ください!↓
倉敷美観地区の古民家再生事例


ゴールデンウィークはぜひ美観地区へ!

当社が新築・リフォームさせていただいた焼き鳥屋さんもありますよ!


森本工務店 もりもと はじめしゃちょー でした

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

事務所の玄関カウンターには『松竹梅』を飾っております。

 『松竹梅』は、そのまんま、正月のおめでたい木である「松・竹・梅」の寄せ植えです。
『松』は風雪に耐え長生きすること、そのりりしい姿から「常磐、千歳の齢、延年」を表し、
『竹』は、見た目通りの清々しさから「純粋、節操、素直、成長」を示し、
『梅』は、花や実をたくさんつけることから、「高潔、繁栄、繁殖」を意味します。
 いずれも新年を飾るのにふさわしい木ですね。

本年も手間暇かけた木材にこだわった住宅を造り続けます!

 代表取締役 森本 一

食べ物で季節を感じる幸せ

当社の営業スタッフがお客様から『アケビ』を頂いてきましたので、一ついたきました。

子供の頃は山の中で食べていた記憶があるのですが、今では珍しい果物になってしまいました。
(あれは勝手に食べてよかったのでしょうか?) (^_^;)
種があって食べにくいですが、甘くて美味しいですよね。

 森本工務店のスタッフはお施主様や協力業者さんから色々な食べ物を頂いてくることが多いんです。
海や川、山や畑で取れたてモノを頂き、季節を感じることが出来るのは、とてもありがたいことです。
感謝の気持ちをいつも忘れず、社員一丸となって仕事に邁進いたします。

 ありがとうございました。

秋ですね~

只今、新築工事中のお施主様より『松茸』を頂きました!

 ↑ 市場ではいくらするんじゃろ?

その松茸を、家内が炊き込みご飯にし、“おむすび”にしてくれたので、残業中のスタッフといただきました!

 ↑ 松茸の香りが秋を感じます。美味い!

松茸といえば、『赤松(アカマツ)』の木の下に生えていますが、この『アカマツ』岡山県のシンボル木『県木』なんですよ!

『アカマツ』は強度・粘りがあるため、『梁(はり)』に使われたり、肌触りが優しく温かみがあるため『床材』にも使われます。

自然の木って良いですね!

豪雨による被害についてお見舞いを申し上げます。

この度のの豪雨被害により、お亡くなりになられました方々のご冥福を心よりお祈りいたしますとともに、被害を受けられました皆様にお見舞いを申し上げますと共に、一日も早い復興を心よりお祈りいたします。
 

また、消防隊やボランティアの格好をして家屋に入ってくる泥棒や、ハウスクリーニングや床下清掃をすると言って法外な高額請求をしてくる悪徳業者も出てきているそうなので、気を付けて下さい。

中古住宅を購入する際にはインスペクション

法律の改正により、今年の4月1日より中古住宅の取引を行う際、不動産屋は『インスペクション』の説明をしなくてはならなくなりました。

『インスペクション(既存住宅現況調査)』とは、「建物の状態を調査する」ことです。

中古住宅を買ってリフォームをしようとしたら、雨漏りが直ってなかったり、シロアリ被害があったりで、予想以上にリフォーム費用がかかった!という後悔を無くすためにも、事前に、建物の現状を建築士の資格を持つ専門の検査員に調査してもらうことが大切です。

中古住宅のご購入を検討されていらっしゃる方は森本工務店へお気軽にご相談下さい。


岡山県不動産協会 理事 森本 一

五重塔は何階建て?

新築計画中の現場から『備中国分寺 五重塔』が見えます!






 

自然に溶け込んでいて美しいたたずまいですね~


ここで皆さんに質問です!

「五重塔は何階建てでしょうか?」


 ①平屋(1階建て)

 ②5階建て

 ③6階建て

 



A 答えは、①平屋(1階建て)なんですよ!

屋根が5重になっているため5階建てに思われますが、床は一番下にしかなく、中は吹き抜け状態になっっているため、平屋なのです。








 ↑ 平屋に思えませんよね~


学校で建築を学んだ人や建築士になるための勉強をした人にとっては一般的な話ですが、一般的にご存じない方が多いようです。

有名な『法隆寺の五重塔』も平屋です!

ぜひ、今までとは違った目で五重塔をご覧下さい。

建築士

本日、三年に一度の一級建築士定期講習でした。

午前9:30~17:40の長丁場。

講習最後にはお約束の『修了考査』試験があるため、彼岸を彷徨っているわけにはいきません。

建築基準法、建築士法、その他関係法令、設計から工事監理、耐震、省エネ、バリアフリーなどなど

多岐にわたり、建築士として身に付けておかないといけないことを再度勉強しました。

大切なご家族や財産を守る建築士という立場に対して、改めて重要な社会的責任があることを認識できました。

日々、もっともっと勉強しなければいけませんね。